さっくんのワンダフルNewS!

2chやリアルタイム検索などで上位にくる旬なニュースを速報していきます。 ニュース全般扱っていくので是非ご覧下さい!

    カテゴリ: 議論



    (出典 cdn.mdpr.jp)


    文春だろ

    1 豆次郎 ★ :2018/01/21(日) 23:42:50.32 ID:CAP_USER9.net

    1/21(日) 13:58配信
    J-CASTニュース
    誰が小室哲哉を引退に追い込んだのか 週刊文春?それとも「下品な国民性」?


     音楽プロデューサー・小室哲哉さん(59)の電撃引退が世間に衝撃を与えている。

     小室さんの不倫疑惑を報じた「週刊文春」には、これまで何度も不倫報道を繰り返してきた同誌の報道姿勢に批判が相次いでいる一方、他人の不倫にクチを挟む世論に問題があるのではないかと指摘する声もある。

    ■「文春砲」公式ツイッターに批判殺到

     小室さんは2018年1月19日、記者会見で「僕なりの騒動のケジメとして引退を決意しました」と表明。ツイッターはじめインターネット上では、発端となった不倫疑惑を報じた週刊文春に批判の声が相次いだ。同誌は販売部数を伸ばす目的で不倫報道を繰り返しているのではないかと、こうした報道の意義に疑問を投げかける意見が多い。

     たとえば実業家の堀江貴文氏(45)は、自身のフェイスブックで「やっとクソ文春のヤバさが大衆に浸透してきたか。結局こうなるしかないビジネスモデル」と指摘した。週刊文春に「俺だけがベッキーの頃からクソ文春と言い続けてきた」とした上で、

      「こいつらは調子に乗って部数稼げてるって思い込んでるだけだから、大衆から攻撃されるとすぐメンヘラになる。すぐに潰せる」

    と持論を展開した。

     前東京都知事の舛添要一氏(68)も小室さんの引退に「優れた才能がまた一つ消えていく」とツイッターで触れ、「週刊誌による興味本位の有名人不倫報道、いつまでこんな非生産的なことを続けるのか。日本は確実に劣化していく」と訴えた。

     週刊文春の「文春砲」公式ツイッターでは1月21日現在、約3100のリプライ(返信)が小室さんの不倫疑惑を伝えたツイートに寄せられており、「誰も喜ばない記事」「不倫騒動なんてだれか求めてる?」と同誌への批判的な声が多くを占めている。

    キンコン西野「諸悪の根源は...」

     一方、問題なのは週刊文春の不倫報道に興味を抱くことだとみる向きもある。

     お笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣さん(37)は1月20日、「ブスの皆様へ」のタイトルでブログを更新し、

      「小室哲哉さんの一件で、文春が叩かれているけれど、諸悪の根源は『不倫許すまじ』という"他人の色恋沙汰に口を挟むという極めて下品な国民性"にある」

    と訴えた。

     「本当に理解できないのが、自分とは何の関係もない他人の浮気や不倫に対して、声を荒げて怒る人達の心理だ」(2017年8月8日のブログ)など、不倫を報じられた人に対する世の中のバッシングに以前から疑問を呈している。今回のブログでは、

      「『テメーらの持っている道徳観が、文春および週刊誌の連中を食わせて、世の中の才能を次々に殺してんだよ、ブス。何を食べたら、そこまでブスに仕上がるのか今度教えてくださいよ』と思って見ています」

    と、さらに強い書きぶりで批判した。

     2016年1月、週刊文春でベッキーさんとの不倫を報じられた「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音さん(29)も18年1月19日、ツイッターで「病的なのは週刊誌でもメディアでもない。紛れも無い世間」と指摘。さらに、

      「友達も減ったし関わる人も減ったけど、音楽は何も変わらず僕のそばにいる」

    と自身の実体験をもとに、小室さんの引退後も「作った音楽はずっと残る」とコメントした。

     1月21日放送の「サンデー・ジャポン」(TBS系)では、週刊文春の記者が顔を隠したうえで映像出演。小室さんの引退について「率直に残念」と話した上で、

      「ご本人が(会見で)言われたことと我々が取材したところに、違う部分というのは多くある。それは記事を見ていただければ分かると思うが、そこには絶対の自信もある。ただそれ以上に、本意ではない結果になったと考えている」

    と話した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180121-00000006-jct-ent

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    ★1がたった時間:2018/01/21(日) 16:12:07.55
    ※前スレ
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1516533139/


    【小室哲哉を引退に追い込戦犯は誰だ!? 文春か国民か、それとも小室自身なのか】の続きを読む


    『Jアラート』についてTwitterの反応


    Jアラート訓練「中止を」藤沢市民が要請 Jアラート訓練「中止を」藤沢市民が要請
    31日に県内全33市町村で予定されている「全国瞬時警報システム」(Jアラート)発動を想定した国民保護サイレン再生訓練について、藤沢市の市民グループが…
    (出典:神奈川(カナロコ by 神奈川新聞))



    (出典 infall24.com)



    【Jアラートは中止すべき!?藤沢市民の要請に賛否両論】の続きを読む


    正論だね、汚い奴らだよなあいつら

    1 ストラト ★ :2018/01/20(土) 14:29:11.27 ID:CAP_USER9.net

    ホリエモンこと実業家の堀江貴文氏(45)が20日、自身のツイッターとフェイスブックを更新し、引退を表明した小室哲哉(59)の不倫疑惑を報じた「週刊文春」を痛烈に批判した。

    堀江氏は、SNS上で文春への批判の書き込みが数多くなっていることを受けてか「やっとクソ文春のヤバさが大衆に浸透してきたか。結局こうなるしかないビジネスモデル。誰得と言い続けてきたの俺だけ。ベッキーの頃は持ち上げてる奴らばっか。俺だけがベッキーの頃からクソ文春と言い続けてきた。こいつらは調子に乗って部数稼げてるって思い込んでるだけだから、大衆から攻撃されるとすぐメンヘラになる。すぐに潰せる」とツイートした。

    過去に堀江氏はテレビ出演した際に週刊文春の報道に「クソ野郎が!」と声を荒らげるなど不快感を示していた。
    昨年4月には「週刊文春」の新谷学編集長が経済ニュースアプリ「NEWS PICKS」に顔出ししないでインタビューに応じた際に「人のスキャンダルは平気で暴いて自分は顔出ししないとかマジでクソチキン。最低の人間だな」などと辛辣なコメントを書き込んでいた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180120-00000115-sph-ent

    堀江貴文氏

    (出典 www.hochi.co.jp)


    ★1=2018/01/20(土) 09:27:08.09
    前スレ
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1516416364/


    【ホリエモンが不倫報じた「週刊文春」を痛烈批判wwwww】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)



    1 Egg ★ :2018/01/17(水) 19:16:10.09 ID:CAP_USER9.net

    昨年の大みそかに放送された日本テレビ系『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!大晦日年越しスペシャル! 絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時』(日本テレビ系)がいまだ、物議をかもしている。

    問題となったのは、ダウンタウンの浜田雅功による顔の黒塗りメイクだ。これは国内のみならず、『BBC News』や『New York Daily News』、そして『The New York Times』にも取り上げられ、 日本でもSNSを中心に大炎上。賛否両論、さまざまな意見が交わされた。ORICON NEWSでは、この騒動について一般ユーザーへの意識調査を実

    ◆一般ユーザー1,000人に調査、「差別にあたる」は全体の約8%

     番組では、松本人志らメンバーが、アメリカンポリスの衣装で登場。そんななか、浜田は大ヒット映画『ビバリーヒルズ・コップ』(1984~1994年) のエディ・マーフィ演じるアクセル・フォーリー刑事になりきるために、顔全体を黒塗りした姿で出演した。

    これについて『The New York Times』は、黒塗りが差別的であるという批判的なコメントのほか、「差別する意図はなかった」の両方の立場の意見を紹介した。

     今回ORICON NEWSでは、この騒動に対する意見を10代から50代の男女に調査。計1,000人の一般ユーザーの賛否の割合は以下のような結果となった。

    【黒塗りメイクを差別だと思うか?】

    ・差別にあたると思う……7.9%
    ・差別にあたると思わない……55.6%
    ・どちらともいえない/わからない……36.5%

    ◆「気にする方が差別している」、“差別問題”自体への疑問も噴出

     では、それぞれの意見を見てみよう。まず半数以上を占め、最多となった「差別にあたると思わない」だ。特に多く見されたのが「映画『ビバリーヒルズ・コップ』の説明があったので」(岩手県/10代/女性)という意見。“黒人”ということではなく、エディ・マーフィに寄せようした結果なので、そこに差別の意図はないとする声が多く挙がっていた。また、「“黒人”ということで笑いにしたわけではなく、浜田さんのみがキャラ付けされていたのが面白かっただけなのでは」(愛媛県/30代/女性)との声も。

     さらには「差別だと言っているから気にかかってしまうだけ」(東京都/女性/10代)や、「気にする方が差別していると思う」(東京都/女性/50代)などの声も。“差別問題”自体に対して問題定義を疑問を呈するする声が多く挙がっていたのも印象的だった。

    ◆「日本の品位を落とす事態に」、東京五輪を前に心配の声も

     次に今回最小の割合となった「差別にあたる」には、「実際に心を痛めている人がいる時点でダメだと思う」(山口県/女性/40代)や、「昔はこれで良かったのかもしれないが、今の時代には合わないと思うから」(茨城県/男性/30代)。また「演出に悪意は感じないが、黒人の人が嫌な気分になるなら止めるべき」(宮城県/男性/40代)などの声が。

     さらに2020年に開催される東京五輪に絡め、「日本はそうじゃないかもしれない。でも世界は違う。東京五輪開催を前にこういったことを発信していったら、日本の品位を落とす、取り返しのつかない事態になりかねない」(神奈川県/男性/20代)など、未来へ目を向けた冷静な声も挙がった。

     「どちらともいえない/わからない」では、「あまり映画のことを知らなかったから」(愛知県/女性/20代)との声や、「リアルタイムで視聴していた時は差別だなんて全く思いつきもしなかった。しかし、ツイッターなどでの批判意見を目にして、言われてみれば確かに。デリケートな問題だから、しない方が得策だったのかもと感じた」(香川県/女性/20代)などの声も。指摘するから逆に広く知られてしまう、そんな声も見られた。

    つづく

    1/17(水) 8:40配信 オリコン
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180116-00000322-oric-ent

    2018/01/17(水) 15:49:16.82
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1516171756/


    【浜ちゃん黒塗り騒動で「差別とは思わない」が約5割! 差別だと言う人はわずか数%wwww】の続きを読む



    性差別や人種差別など、あらゆる部分において差別問題が大きく問題視されるようになった昨今、その影響は飲食店にまで及ぶのではないかと囁かれている。差別はあらゆる部分に存在するので、その火種がある場所であれば、どこにでも影響が及ぶのは当然といえよう。

    ・性別により制限がある飲食店
    たとえば、男性だけの入店を断っているスイーツビュッフェの店や、女性だけの入店を断っている居酒屋などが存在する(存在した)。スイーツビュッフェが男性だけの入店を断っていたのは「ナンパする男性がいたから」との情報もある。

    私が「男性のみの入店お断り」を知ったのは新宿の高野フルーツパーラーで並んでるときだった。最初は「男性はたくさん食べるから採算が取れないのかも」と思ったけど「ナンパする人がいるから」という理由を聞いて驚いた。時間制限ありのブッフェでナンパされるとか逃げられないし最低だよな。

    — jing (@_Aproject) 2018年1月12日


    ・女性の入店お断り
    特に女性だけの入店を断っている店として有名なのが、東京都の新宿思い出横丁にある「ささもと」(東京都新宿区西新宿1-2-7)だ。ここは女性だけの入店を断っており、女性ひとりはもちろん、女性ふたりで、女性三人でもNG。しかしグループに男性がひとりでもいれば入店が可能となる。よってカップルや「女性ふたり男性ひとり」などは入店可能。

    女性だけで入れない理由は諸説あるが、「女性は長居をする傾向にある」「女性がゆっくり楽しめる店ではない」「あまり注文しない」などがその理由として囁かれているが、店主だからこそわかる持論があるのは間違いない。


    ・性別による制限が注目
    差別問題が大きく報じられるようになった今、どのような理由があれど「男性禁止」「女性禁止」などの性別による制限が注目されるのは必然的であり、この世からそのような制限が消える方向に流れるのは間違いなさそうだ。

    ちなみにキャバクラやホストクラブなどは、むしろ男性も女性も両方問題なく入れるという店が多いようである。


    もっと詳しく読む: 差別問題の正常化で今後注目を集める「女性入店禁止」の飲食店(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/01/15/discrimination-problem-food/




    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 t19.pimg.jp)


    店に選ぶ権利はあるけど

    <このニュースへのネットの反応>

    【「女性入店禁止」の飲食店は差別!? 女性だけで入店禁止な居酒屋も…】の続きを読む

    このページのトップヘ