さっくんのワンダフルNewS!

2chやリアルタイム検索などで上位にくる旬なニュースを速報していきます。 ニュース全般扱っていくので是非ご覧下さい!

    カテゴリ: テレビ


    小学生には酷いだろ

    1 記憶たどり。 ★ :2018/06/20(水) 06:03:58.89 ID:CAP_USER9.net

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180619-00000005-reallive-ent

    18日に放送された『報道ステーション』(テレビ朝日系)の内容に批判が集まり、炎上状態となっている。

    番組は大阪地震の被害を詳しく報道。ヘリコプターを飛ばし、小学校で校庭に避難する児童の様子や、
    地震が原因と思われる火災、ブロック塀の倒壊、水道管破裂などの様子を淡々と放送する。

    富川悠太キャスターも現地入りし、高槻市の様子をレポート。午後5時頃に被害住民の家に上がり込み、
    「水が出ない」「ガスの復旧に1週間程度かかる」などの様子を伝えた。

    視聴者を唖然とさせたのが、地震によってブロック塀が崩れ、下敷きになった女児が亡くなった事件の報道。
    被害者の実名を報じたうえ、同級生の小学生に「亡くなってどう思うか」などが趣旨と思われるインタビューを行ったのだ。
    子供は絞り出すようにコメントしていたが、「なぜ子供にこんなことを聞くのか」と怒りの声があがる。

    さらに午後8時半、避難所で「帰れなくなった」と不安な日々を過ごしていると思われる男性にインタビュー。
    また、「生中継」で高槻市の女児が亡くなった現場にて、富川キャスターがブロック塀を見て「鉄筋がない」「違法建築だった」などと糾弾する。

    この様子に、「子供に『友達が亡くなってどういう気持ち?』と聞くのはありえない」「被災者にインタビューする神経がわからない」
    「富川アナはなぜ大阪に行ったのか」などと、怒りの声が噴出した。

    そして、その怒りを増幅させたのがジャーナリストの後藤謙次氏。地震について聞かれると、「違和感を感じたのは(発言のまま)
    参議院の決算委員会が行われたこと」「被害が拡大しているときに政府がどうするのか。そこに思いが至っていない」と発言。

    さらに、「早く政府が正確な情報をあげ、交通の情報を発信するというタイミングをこの予算委員会(発言のまま)が奪ってしまった。
    果たしてそれで良いのか。ちょうど3.11のときにも決算委員会があった。このときは菅(直人元総理)さんの政権でしたけども、
    中断されて直ちに官邸に全員集合した。大都市で起きた地震ですから、官邸に全員集合してですね、対応することも十分可能だったと思いますね」
    と、菅直人元総理の東日本大震災対応を称賛するかのような形で政府批判を展開したのだ。

    また、小川彩佳アナも「国民の安心のためにもすぐに対応する姿勢を示して欲しい」と、政府を糾弾。この報道姿勢に、視聴者は
    「大阪地震を政府批判の材料にしている」「結局政府を批判したいだけだったのか?」「菅直人元総理の東日本大震災対応を称賛しているのか?」
    などと、怒りの声が噴出することに。

    その怒りは凄まじく、放送中、「#報道ステーション」のハッシュタグがTwitterトレンドの上位に上がり、そのほとんどが報道姿勢について糾弾する内容。
    『報道ステーション』の伝えたかったことは、人々に受け入れられていない。この事実を、関係者はどう見ているのだろうか?

    テレビ朝日に限らず、阪神大震災、東日本大震災、熊本地震など、大きな災害が起こるたびにテレビ局による報道が問題になる。
    最近はメディア関係者による無神経な対応に、不満の声がネットを通じて明るみに出ているが、残念ながら今回も同じような事案が繰り返されている状況だ。

    震災時に正確な情報を伝えるテレビやラジオの存在は、被災者にとって頼りになるものだが、過度な取材は現場を混乱させ、落ち込んだ人の気持ちを侮辱する。
    「視聴率欲しさ」にスクープを欲しがる行動は、慎むべきではないだろうか。


    前スレ
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1529401651/
    1が建った時刻:2018/06/19(火) 14:15:23.22


    【【大阪北部地震】亡くなった女児の同級生にテレ朝「報道ステーション」、死亡した9歳女児の同級生にインタビュー!そのあり得ない内容に大炎上】の続きを読む



    NO.6484521 2018/06/16 15:01
    紀州のドン・ファン妻 坂上忍インタビューは弁護士の「ゴリ押し」企画?
    紀州のドン・ファン妻 坂上忍インタビューは弁護士の「ゴリ押し」企画?
    紀州のドン・ファンこと野崎幸助氏の不審死事件を巡って、妻が6月15日放送の『バイキング』(フジテレビ系)で独占インタビューを受けた模様が放送された。

    テレビへの出演はこれが初めてで、妻は夫の死因について、他殺のほか“自殺”の可能性についても言及した。

    そして、このインタビューが実現した影には、とある出演者による“ゴリ押しプッシュ”が隠されていたという。

    インタビューが行われたのは14日で、インタビュアーは番組MC・坂上忍。

    約1時間の収録で、放送では妻の顔にはモザイクが掛けられ、声にも加工が施されていた。

    「ドン・ファンとの交流が深かった講談社以外から妻が直接取材を受けたのも、これが初めてのこと。まだ事件は捜査中の段階というだけに、そこまで踏み込んだ話はオンエアされなかったものの、日本中で騒ぎになっている事件の登場人物が出演とあって、フジのブッキング力には他メディアからも驚きの声が出ていました」(一般紙記者)

    しかし、このインタビューが実現したのはフジや坂上の力ではなく、妻の代理人弁護士になった人物が大きく影響しているのだという。

    「ここ最近になって、妻は個人的に弁護士を雇い入れ、行き過ぎた取材や報道について、対応を相談するようになっています。その弁護士とは、『バイキング』の月曜レギュラーである、佐藤大和弁護士ですよ。まだ30代のイケメンで、芸能関係のトラブルにも精通しています」(テレビ局関係者)

    佐藤弁護士のHPを見ると「芸能・エンタメトラブル(多くの顧問先芸能事務所、タレント・アイドルを抱える)」などと記されており、テレビ番組の出演歴も多数となっている。

    「最近ではマネジャーとして、以前まで大手プロに所属していた敏腕男性も付いていて、さながら弁護士兼タレントのような活動スタイルになっています。しかし、実は『バイキング』制作陣の間では、コメントにキレがないなどイマイチ評判がよくなく、そろそろ肩たたきしようかという話も出ていたそう。そうした状況もあってか、佐藤弁護士はかなり強力に妻のインタビューをプッシュしてきて、結果、番組に多大な貢献を果たしたということです」(同)

    ドン・ファン夫婦に加えて家政婦ら、様々な登場人物が世間の耳目を集めている事件だが、ここへきて“弁護士”が参戦。

    いまだ死の真相は不明のままだが、果たして次の展開は?

    【日時】2018年06月16日
    【提供】サイゾーウーマン


    【【動画】紀州のドン・ファン妻 坂上忍インタビューは弁護士の「ゴリ押し」企画?wwwwwwwwww】の続きを読む



    (出典 i.pinimg.com)


    倒産してくれ

    1 nita ★ :2018/06/10(日) 08:53:32.10 ID:CAP_USER9.net

    2018.6.9 21:38

     テレビと同じ番組をインターネットで流すNHKの「常時同時配信」が現実味を帯びてきた。ネットのみの視聴世帯に対する受信料新設も視野にNHKが平成31年度の実施を目指す中、政府の規制改革推進会議がまとめた答申が、「NHKの同時配信の是非について早期に結論を得る」と容認姿勢をにじませたためだ。実施に向けた布石が次々と打たれるが、肥大化による民業圧迫も懸念される。(大塚創造)

     「今、受信契約を結んでいる方を対象に同時配信をスタートさせたい」。NHKの上田良一会長が7日の会見でそう述べたように、同時配信は開始時、受信契約締結世帯向けの付加サービスとして行う方針だ。契約が確認できないネットのみの視聴世帯には画面にメッセージを表示して制限する。しかし、将来的にはテレビを持たないネットのみの視聴世帯にも負担を求める可能性は極めて濃厚だ。

     規制改革推進会議の答申を受けて今後は、総務省を中心に検討が進められる。同時配信実施には放送法の改正が必要となるが、昨夏以降、同時配信をめぐる動きは活発化している。

     まず、NHK幹部が同時配信について、「将来的に本来業務」などと発言。さらに、NHK会長の諮問機関「NHK受信料制度等検討委員会」も、ネットのみの視聴世帯に対する受信料新設について「合理性がある」と答申した。

     こうした動きに対し、NHKの肥大化を懸念する民放側は猛反発。その後、NHK幹部が「放送の補完」と火消しに走り、サービス開始時にはネットのみの視聴世帯に対する受信料を徴収しない考えも表明した。民放と視聴者に配慮した格好だが、NHK幹部の“本来業務発言”には受信料新設のもくろみが透けて見える。

     NHKは受信料制度について、29年12月の最高裁判決で「合憲」のお墨付きを得ており、29年度末には受信料の支払い率も目標の80%を達成。32年度には受信料収入が7108億円に達し、過去最高を更新し続ける見込みだが、将来的には人口減に伴う受信料減は必至で、ネットのみの受信料新設は悲願といえる。

     受信料で運営されているNHKが事業を次々と拡大して肥大化すれば、民業圧迫は避けられない。NHK検討委の答申によると、ネットのみの視聴世帯に対する新たな受信料は、スマートフォンやパソコンを持っているだけでは請求されず、受信アプリをインストールした段階などでの課金を想定している。しかし、テレビと同様に、その後はスマホなどを持っているだけで請求される可能性もあり、警戒が必要だ。



     立教大学名誉教授の服部孝章氏(メディア法)の話「テレビを見る人が減り、ネットを見る人が増える中、NHKの同時配信は受信料新設も見据えて保険を掛けているといえる。世界的に見ても年間で7千億円もの資金を集められる事業体は稀有(けう)で、地方局が疲弊してネットワーク維持に懸命な民放キー局にとって脅威だ。同時配信の是非をめぐる議論では、NHKが集めた受信料を、日本の放送、通信にどのように使って貢献していくのかについて、視聴者に丁寧に説明することが必要だ」

    http://www.sankei.com/entertainments/news/180609/ent1806090013-n1.html

    (出典 www.sankei.com)


    ★1:2018/06/09(土) 23:26:18.15

    ※前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1528577940/


    【【受信料(゚д゚)ウマー 】NHK、ネット同時配信へ 受信料新設へ布石着々(((・・;)】の続きを読む


    小山慶一郎(こやま けいいちろう、1984年5月1日 - )は、日本のタレント、歌手、俳優、ニュースキャスターであり、男性アイドルグループNEWSのメンバー。神奈川県出身。ジャニーズ事務所所属。現在、芸能活動自粛中。(詳細は後述) 2003年4月、明治大学文学部史学地理学科東洋史専攻(現在のア
    25キロバイト (3,155 語) - 2018年6月9日 (土) 04:54



    (出典 o.aolcdn.com)


    そもそも謹慎する程のことはしてない

    1 Egg ★ :2018/06/09(土) 20:46:03.82 ID:CAP_USER9.net

    “大甘”にもほどがある! 

    一部週刊誌で報じられた「未成年女性への飲酒強要」報道を受け、ジャニーズ事務所の人気グループ「NEWS」の小山慶一郎(34)が7日、
    一定期間の活動自粛を発表するとともに、メインキャスターを務める日本テレビ系報道番組「news every.」で生謝罪した。

    本紙昨報どおり、さすがに報道番組は降板せざるを得ないというのが大方の見方だが、ジャニーズ側はなんとわずか2週間での番組復帰を日テレに打診したというから驚きだ。
    これでは世間から大反発を受けることは必至。初期対応を誤った日本大学のアメフット問題と同じく、さらに“炎上”するのは間違いない。

    「週刊文春」のウェブサイトで、小山および同じく「NEWS」メンバーの加藤シゲアキ(30)が、酒席で未成年女性に飲酒を強要したという衝撃の報道が出たのは6日のこと。
    ほとんどのメディアがスルーしたが、翌7日に大きく事態が動いた。

    午後3時ごろ、報道各社にジャニーズ事務所からのファクスが届いた。内容は、酒席に未成年女性がいたという認識は小山と加藤になかったものの、
    報道は事実と認めた上で、飲み会を開き未成年女性に一気飲みを促すコールをした小山を一定期間の活動自粛、加藤を厳重注意の上で反省を促すというものだった。

    この後、小山は「every.」に生出演し「今日発売の一部週刊誌で、私が未成年の女性と飲酒していたとする記事が掲載されました。
    指摘された飲食の場に当時19歳の女性が参加していたことが分かりました。私はこの女性から年齢を20歳と告げられていたため、未成年者であるとは知りませんでした」と釈明。

    続けて「結果として未成年者がいる飲み会の席に参加し、飲むことをあおるような声を掛けてしまいました。こうした振る舞いは、報道番組としてさまざまなニュースをお伝えし、
    時には厳しい意見も述べてきた『news every.』のキャスターとして不適切であることは言うまでもありません。本当に申し訳ありませんでした」と謝罪した。

    さらに「私は『news every.』の出演を当面お休みさせていただき、その期間、活動も自粛し、今回のことを反省し、自分をしっかりと見つめ直す時間にしたいと考えています」とした。
    これを見たテレビ局関係者が「未成年だと知らなかったと言い訳したところで、報道番組キャスターとしては完全にアウト。番組スポンサーが許すわけもなく、降板は避けられない」と言うように、テレビ界の常識に照らし合わせれば、降板は免れない。

    >>2以降につづく

    2018年6月9日 11時0分 東スポWeb
    http://news.livedoor.com/article/detail/14838838/

    写真

    (出典 image.news.livedoor.com)


    【NEWS小山慶一郎、超速復帰!? 日テレに無謀要求! わずか2週間謹慎wwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む


    解体でいいよ、スクランブルにしないし

    1 ニライカナイφ ★ :2018/05/08(火) 20:24:35.71 ID:CAP_USER9.net

    ◆NHK『Rの法則』スタッフが山口達也と被害女性に連絡先を交換させていた!

    4月25日に発覚した元TOKIO山口達也(46)による「女子高生強制わいせつ」事件は、5月6日に山口がジャニーズ事務所を退所した後も、燻り続けている。

    芸能事務所関係者がこう指摘する。

    「問題は、被害にあった女子高生が、山口がMCを務めるNHK・Eテレのバラエティ番組『Rの法則』の出演者だったという点です。
    あの番組は、10代の出演者同士が何組もカップルになっていて、“合コン番組”と揶揄されていた。
    以前から風紀が緩くて、なるべくタレントを出演させたくない番組のひとつでした。
    そんな番組を舞台に起きた事件だけにNHKの責任は免れないと思います」

    一方で、元「Rの法則」出演者の1人は、今回の報道を受けて、こんな疑問を口にした。

    「一番気になったのは、“山口さんはどうやって被害者の連絡先を知ったのか”ということです。
    というのも、あの番組では表向き『出演者同士の連絡先交換は禁止』だからです」

    この点について、Aさんは警察でこう証言しているという。

    「『Rの法則』のスタッフに言われて、山口さんと連絡先を交換した。
    山口さんに興味はなかったけど、LINE交換をすることになった」

    つまり未成年の出演者を保護すべき立場にある番組スタッフ自らが、連絡先交換禁止のルールを破ったというのである。
    そしてLINE交換から約2カ月後、今回の事件が起こったのである。

    同番組の石塚利恵チーフプロデューサーを直撃した。

    ――Aさんは、「番組スタッフに言われて、山口さんと連絡先を交換した」と話しているようだが?

    「そこは私も把握できていないので、回答しかねます。(二人が繋がった)原因も含めて確認しているところです」

    同じ質問に対して、NHK広報局は、こう回答した。

    「出演者に対しては、法令違反、公序良俗に反する行為、NHKの信用を毀損する行為をしないよう契約で定めています」

    5月9日(水)発売の「週刊文春」では、「女子高生強制わいせつ」事件の詳細、『Rの法則』の知られざる舞台裏にくわえ、別の女性による山口の淫行に関する新たな証言など、総力取材で報じている。

    週刊文春 2018年5月17日号
    http://bunshun.jp/articles/-/7302

    ■前スレ(1が立った日時:2018/05/08(火) 16:03:03.62)
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1525773036/


    【【新事実】NHK『Rの法則』スタッフが山口達也と被害女性に連絡先を交換させていた ρ(・・、)】の続きを読む

    このページのトップヘ