さっくんのワンダフルNewS!

2chやリアルタイム検索などで上位にくる旬なニュースを速報していきます。 ニュース全般扱っていくので是非ご覧下さい!

    カテゴリ: テレビ



    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)


    確かに見ない

    1 サイカイへのショートカット ★ :2018/01/12(金) 07:10:03.22 ID:CAP_USER9.net

    フジテレビ、ついにテレ東に抜かれ最下位転落 … CMが入らず最終局面へ
    2018.01.11 Business Journal
    http://biz-journal.jp/2018/01/post_21949.html

    フジテレビ本社ビル(「wikipedia」より)
    biz-journal.jp/images/post_21949_1.jpg

    2017年上半期の平均視聴率(4月3日~10月1日、週ベース)は、日本テレビホールディングス(HD)傘下の日本テレビ放送網が全日(6時~24時)、ゴールデンタイム(19時~22時)、プライムタイム(19時~23時)ともトップだった。「視聴率三冠王」で、日本テレビの独り勝ちだ。

    各社がもっとも力を入れるゴールデンタイムの平均視聴率は、日本テレビが12.2%で首位、2位は日本放送協会(NHK)の10.2%、3位が東京放送ホールディングス(TBS)の9.6%、4位はテレビ朝日ホールディングス(テレビ朝日)の9.1%。5位はフジ・メディア・ホールディングス(フジテレビ)の7.7%、最下位はテレビ東京ホールディングス(テレビ東京)の6.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

    民放キー局の17年4~9月期連結決算に基づき、地上波テレビ単体の業績を比較してみよう。

    ここでも、日本テレビがトップを走る。売上高は日本テレビ(1533億円)、フジテレビ(1272億円)、テレビ朝日(1183億円)、TBS(1075億円)、テレビ東京(541億円)の順。営業利益は日本テレビ(171億円)、テレビ朝日(35億円)、テレビ東京(32億円)、東京放送(29億円)と続くが、フジテレビだけが8億円の営業赤字となった。

    テレビ業界は視聴率の低迷から抜け出せず、広告収入が目減りしている。視聴率でトップを走る日本テレビHDと営業赤字のフジ・メディアHDは、どこがどう違うのか。

    ■日本テレビの業績を下支えする放送外事業収入

    日本テレビHDの17年4~9月期の売上高は前年同期比1.8%増の2072億円、営業利益は9.4%減の202億円、純利益は42.1%減の104億円と、増収減益だった。

    日本テレビ放送網は放送外収入の増加、人気映画・ドラマ・アニメが見放題のHuluの会費収入増、前期末にアンパンマンこどもミュージアムを運営するACMを連結子会社化したことなどによって増収となった。

    営業利益はHuluのコンテンツ原価増、フィットネスクラブ「ティップネス」の新規出店関係費用増などにより減益。日本テレビグループのシステム開発や保守管理を行う連結子会社、日テレITプロデュースが、この期に稼働し始めた日本テレビネットワークの減損損失を計上したため、最終的に大幅減益となった。日テレITは49億円の損失を出していた。

    中核子会社の日本テレビ放送網の売上高は1.1%増の1533億円、営業利益は1.6%減の171億円、純利益は7.5%減の133億円と、増収減益だった。

    放送収入は1231億円で横ばい。番組販売収入が3.5%増の57億円、事業収入が6.8%増の233億円、不動産賃貸収入は4.1%減の10億円。放送収入が頭打ちのため、放送外の収入で稼いでいるのが実態だ。

    有料放送、ライツ(コンテンツの販売)、通販、映画、イベント、海外ビジネスなどの事業収支は53億円。前期より18.5%増えた。放送(=広告)収入の伸び悩みを多角化事業が下支えしている。

    日本テレビHDの18年3月期連結決算の売上高は前期比2.0%増の4250億円、営業利益は8.6%減の480億円、純利益は24.0%減の310億円の見通し。冬季オリンピックに向けた大型番組の制作で費用が膨らむためだ。

    日本テレビは1月2日、17年の年間視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区)が、全日(午前6時~24時)、プライム(19時~23時)、ゴールデン(19時~22時)の各時間帯で首位になり、4年連続で「3冠」を達成したと発表した。発表によると全日8.2%、プライム12.0%、ゴールデン12.4%だった。

    >>2以降に続きます。

    ★1が立った時間 2018/01/11(木) 11:38:11.73
    前スレ
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1515673570/


    【【悲報】フジテレビ、ついにテレ東に抜かれ最下位転落wwwwwww】の続きを読む



    NO.6036283 2018/01/10 13:15
    「ガキ使」黒塗り・ベッキーにキックも日テレが謝まらないワケ
    「ガキ使」黒塗り・ベッキーにキックも日テレが謝まらないワケ
    昨年大みそかに放送された日本テレビ系『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!大晦日年越しSP絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時!』が物議を醸している。

    1つはダウンタウン・浜田雅功が映画『ビバリーヒルズ・コップ』の俳優エディー・マーフィを真似た黒顔メークで笑いを取ったこと。

    もう1つはベッキーにサプライズでタイキックの罰ゲームを行ったことだ。

    中でも前者は、6日に放送された同番組の完全版でもカットされず、「黒人蔑視だ!」と、さらなる批判を招いている。

    ただし、業界関係者によれば「日テレやダウンタウンがこの件に触れることはあっても、謝罪はしないと思いますよ」。

    その裏には、約20年前の“ごっつ打ち切り事件”があるという。

    1991年12月から放送されたフジテレビ系『ダウンタウンのごっつええ感じ』は、97年11月に突如最終回を迎えた。

    理由は当初放送予定だったスペシャル番組が事前連絡なしに、プロ野球の優勝決定試合に差し替えられたためだ。

    これに激怒した松本人志が番組降板を申し出たと言われる。

    これを見てもわかる通り、松本には彼なりのお笑い哲学があり、自身のポリシーに反すれば、人気絶頂時でも番組を終わらせるタイプだ。

    「仮に問題の箇所をカットすれば、松本さんを刺激し、番組存続の危機に陥ることもありえる。大みそかの『笑ってはいけない』はNHKの紅白歌合戦を除けば、長年民放第1位のドル箱。DVDの売上げも期待できる。日テレとしては、ネット上でどんなに批判されようが、守るしかない」とはテレビ関係者。

    年初から大きな問題を背負ってしまった『ガキ使』、今年の年末はどうなる!?

    【日時】2018年01月09日 08:03
    【提供】日刊サイゾー


    【【日テレ】黒塗り、ベッキーにキックも日テレが謝まらないワケw】の続きを読む



    (出典 geitopi.com)


    謝罪はよ

    1 影のたけし軍団ρ ★ :2018/01/06(土) 17:16:12.57 ID:CAP_USER9.net

    お笑いコンビ・ダウンタウンが窮地だ。

    大晦日の『ダウンタウンのガキの使いやあらへんでSP 
    絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時』で、
    浜田雅功が黒人を風刺したかのような黒塗りのメイクで登場。

    「差別的」として、BBCやワシントンポストなどの海外メディアでも
    報じられる事態に発展。松本人志や番組制作者への猛批判が相次いでいる。

    さらに、もう一つの「問題」も大きく取り上げられている。

    番組内ではタレントのベッキーが出演し、ムエタイ選手の「タイキック」
    を受けるというシーンがあった。松本らはそれを見て大笑い、
    一昨年の「不倫騒動」の禊ということだったようだが......。

    「単なる暴力ですからね、それで笑いを取ろうとする点が非常に浅はかと
    いいますか、それを見た松本ら出演陣の姿も醜悪という見方が強い状況です。

    そもそも不倫の禊がタイキックという点も意味がわかりませんからね。
    女性への暴力や企画という名の暴力肯定など、多くの問題をはらんだ
    シーンのように思います」(記者)

    マンネリが叫ばれて久しい同番組だが、今回は2つも問題のシーンを
    生み出してしまった。しかもそれが「差別的」なものとして
    国際的な注目を集めているというのだから始末が悪い。

    最近では「ダウンタウンもつまらなくなった」という声も多く、
    内村光良あたりの活躍のほうが目立つ状況。焦りもあるのだろうか。

    「このままでは『笑ってはいけない』終了の可能性もあるかもしれません。
    騒動がどんどん大きくなっていますし、何らかの反省を見せねばなりません。 
    年末の風物詩の火が一つ消えかかっているように思います」(同)

    もはや「差別コンビ」という扱いにすらなりそうなダウンタウン。
    追い詰められてきたか。
    http://biz-journal.jp/gj/2018/01/post_5500.html

    【芸能】<ガキ使・浜田雅功>「黒塗りメーク」が人種差別と物議! BBCやNYタイムス報道 ★12
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1515220980/


     

     


    【【悲報】ダウンタウン 「笑ってはいけない」 打ち切りへ!?  黒人差別で世界が激怒】の続きを読む



    (出典 storage.mantan-web.jp)


    ベッキーのキャラどうしてくのこれw

    1 (^ェ^) ★ :2018/01/06(土) 16:36:28.19 ID:CAP_USER9.net

    https://news.yahoo.co.jp/byline/shivarei/20180106-00080168/

     日テレ系の年末特番「ダウンタウンのガキの使いやあらへんでSP 絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時」は様々な点で酷いものだった。ダウンタウンの浜田雅功が黒人を風刺したかのような黒塗りのメイク(黒人達からは彼らへの侮蔑と受け取られる)で登場したことについては、BBCやワシントンポストなどの海外メディアでも報道される騒ぎに発展しているが、もう一つ、見過ごせない大問題があったので、本記事ではそちらについて指摘しておきたい。番組中、タレントのベッキーが無理矢理、抑え込まれて、タイ式キックボクシング(ムエタイ)の使い手にキックで強打された上、痛がる姿を笑いものにされたということだ。

    〇男性芸人たちに取り囲まれ、「タイキック」を受けたベッキー

     番組中のドッキリ企画というかたちで、進行役がベッキーに対し、彼女の不倫騒動の「禊ぎ」としてタイ式キックボクサーに蹴らせることを宣言。驚き、恐怖に目を見開いて、その場を逃げようとするベッキーだったが、ダウンタウンの浜田らが「動いたら危ない」と抑え込み、半ば無理強いというかたちで、タイ式キックボクサーの女性の強烈な回し蹴りを腰に受けることに(番組中では「タイキック」と表現。タイに対しても失礼)。強打に崩れ落ちたベッキーは「痛い、重い」と苦しみ、しばらく立ち上がることができず、ようやく立ち上がった後も茫然とした表情だった。一方で、浜田と松本人志らダウンタウンや、その場にいた芸人達は「やばい、これはやばい」「めちゃくちゃ痛いやろ」とゲラゲラと大笑いしていた。

    〇国連主導の世界的な潮流に逆行

    (略)

    〇「不倫への私刑」、おぞましい暴力の正当化

    (略)

    ◯オピニオンリーダー気取りの松本人志の無知・無神経

    (略)

    ◯人権後進国のイメージを厚塗り

     それでなくても、近年、日本は先進国としてはあり得ない程の、人権後進国というイメージが定着しつつある。男女平等についても、世界経済フォーラムが昨年11月に発表した2017年版「ジェンダー・ギャップ指数」でも、日本は調査対象国144カ国中、114位という惨憺たる結果であった。同じく昨年11月には、国連人権理事会は日本に対し、女性に対する暴力への対処の強化や、外国人差別、ヘイトスピーチなどへの対応を求めるもの等、原発事故被災者の救済を求めるもの等、実に218もの勧告をしている(上記、ourplanet-tvによる関連動画を参照)。そうした情勢から観ても「ベッキーにタイキック」は全く笑えない。日本のメディア関係者は勿論のこと、視聴者側の意識の変革が必要なのだろう。


    2018/01/06(土) 14:09:46.65
    【志葉玲】ベッキーにキック痛打 ダウンタウン年末特番 松本人志の無知・無神経 人権後進国のイメージを厚塗り★2
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1515219114/


    【【動画】黒人差別だけじゃない!ベッキーにタイキック痛打が物議www】の続きを読む



    (出典 daily.c.yimg.jp)


    嵐が悪いとは思わないけど、それよりNHKのアンチが増えたのが原因かとw

    1 音泉光征 ★ :2018/01/03(水) 00:20:33.00 .net

    『紅白』視聴率爆死で嵐・AKBグループ無条件戦犯!? 「受信料投入でこれかよ」と辛辣

     昨年12月31日の『NHK紅白歌合戦』の平均視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区)が前半(第1部)は35.8%、後半(第2部)は
    39.4%だったことがわかった。
     桑田佳祐、さらに今年9月の引退が決定している安室奈美恵も出演し、放送直後には「今年は50%超えか」ともいわれていた『紅
    白』だが、歴代ワースト3位という結果になってしまった。
     ネット上では「今年は高いなんていってたけど、やっぱりね」「受信料使いすぎ」「誰も求めてない」と冷めた意見が目立つ状
    況。この結果にはそれなりに納得という意見が目立つ。
     もともと「今年流行した歌」の選考ではなくなった『紅白』の価値はない、という声は多かったが、やはりその印象はいつまで
    も拭えないようで......。
    「相変わらず多いのが『AKBグループ』『ジャニーズ』が多いという声は後を絶ちません。ジャニーズで5組、AKBグループで3組と
    確かに多くで出演していますね。
    また、その内容も、TOKIOがあまりにも東京五輪を意識させるような『ゴリ押し』を感じさせ、司会など中心がまず嵐。欅坂46のメ
    ンバーがパフォーマンス後に倒れ騒然とする場面も。一極集中の割にイマイチな内容の数々を考えれば、この数字も納得です」(
    記者)
     安室、桑田を出演させても拭いきれない『紅白』の問題点が浮き彫りになったようだ。厳しいようだが、やはり「受信料使いま
    くってこれかよ」という考えが根底にあるのかもしれない。
     また「2016年の紅白」をやり玉に上げる声もある。一昨年の『紅白』は「シン・ゴジラ」や「PPAP」などをふんだんに盛り込ん
    だ構成で「カオス」「紅白が壊れた」「ひどい」という評価だった。その余波で視聴者が離れたという意見も。
     果たして紅白復活はあるのだろうか。再浮上は厳しそうだが......。
    http://biz-journal.jp/gj/2018/01/post_5474.html

    【テレビ】紅白歌合戦、視聴率爆死 戦犯は嵐・AKBグループ 「受信料投入でこれかよ」 ★3
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1514888958/ VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:----: EXT was configured


    【紅白歌合戦、視聴率爆死 戦犯は?】の続きを読む

    このページのトップヘ