さっくんのワンダフルNewS!

2chやリアルタイム検索などで上位にくる旬なニュースを速報していきます。 ニュース全般扱っていくので是非ご覧下さい!

    カテゴリ: 裁判


     一連のオウム事件の裁判が全て終結することを受け、法務省は教団の代表だった松本智津夫死刑囚(62)ら元幹部13人の死刑執行について、本格的に検討を始めるもようだ。再審請求中の元幹部も多いが、法務省は請求中は執行を控えるこれまでの「慣例」にとらわれない姿勢を見せている。

     刑事訴訟法は、判決確定の日から6カ月以内の執行を定めているが、公判に証人として出廷する可能性があるため、法務省は共犯者の刑が確定するまでは執行しない運用をしている。最後となった元信者高橋克也被告(59)の判決が近く確定することで、執行のハードルは事実上なくなった。

     松本死刑囚は2004年2月に一審東京地裁で死刑判決を受けた。弁護人が控訴趣意書を提出しなかったことから控訴審は一度も開かれず、06年9月に死刑が確定した。

     確定後、松本死刑囚の家族は再審請求を繰り返し申し立てており、現在は4回目の請求中。他の死刑囚12人のうち、遠藤誠一死刑囚(57)ら少なくとも7人が請求中で、井上嘉浩死刑囚(48)も準備しているという。

     再審請求中は執行しないのが「慣例」となっていたが、法務省は17年7月、請求中の死刑囚の刑を18年ぶりに執行した。関係者によると、この死刑囚は10回目の請求中で、同年12月に執行した2人もそれぞれ3、4回目の請求中だったとされる。

     収容中の死刑囚122人のうち94人が再審請求しているが、上川陽子法相は「再審請求を行っているから執行しないという考え方はとっていない」と明言している。 



    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 ironna.jp)


    遅すぎるでしょ

    <このニュースへのネットの反応>

    【ついに死刑執行か!? オウム事件の松本死刑囚ら13人の執行を本格検討】の続きを読む



    (出典 xn--f9j9d8dsd4hk75y.net)


    いい心構え

    1 えりにゃん ★ :2018/01/13(土) 12:43:18.73

     コロプラは同社ホームページにて、任天堂からの特許侵害に関する訴訟に関する公式コメントを掲載した。

     今回のコメントはプレーヤーに対してのメッセージ。コメントによれば、「白猫プロジェクト」に対する
    多くの応援メッセージが寄せられていると言い、「運営一同感謝の思いでいっぱいです。深く御礼申し上げます」と、
    利用者に対して感謝の意を述べている。

     同時にサービスの継続を不安視するメッセージもあることから、これらのメッセージに対して「白猫プロジェクトの
    サービスが終了するということは断じてございません。コロプラとしては、特許侵害の事実は一切ないものと
    確信しておりますが、訴訟がたとえどのような結果になっても仕様変更等を通じて、サービスを継続してまいります」
    とコメントしている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180112-00000156-impress-game

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    ★1)01/12(金) 21:40:24.48
    前スレhttp://asahi./test/read.cgi/newsplus/1515760824/

    関連スレ
    【経済】「白猫プロジェクトは特許侵害」 コロプラ、任天堂から賠償請求★10
    http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1515749510/

    ※前スレ
    http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1515795071/


    【【コロプラ】訴訟の結果に関係なく白猫プロジェクトは継続!!】の続きを読む


    jp/tohokunews/201610/20161026_13046.html 2016年10月27日閲覧。  ^ “東日本大震災:その時なにが…大川津波で多くの犠牲者”. 毎日新聞 (2011年4月19日). 2011年9月23日閲覧。 ^ “偶然の生還生々しく証言  74人死亡・不明の大川小”
    20キロバイト (2,580 語) - 2018年1月11日 (木) 11:24



    (出典 www.sankei.com)



    1 かばほ~るφ ★ :2018/01/11(木) 19:22:05.79

    <大川小>避難経路、最短ルートと誤解か 行き止まり知らず進んだ可能性


    東日本大震災の津波で全校児童108人中、74人が犠牲となり、児童を保護していた
    教職員10人が死亡した宮城県石巻市大川小の避難ルートについて、
    教職員が北上川の堤防道路(三角地帯)への最短ルートと誤解し、行き止まりを知らずに
    裏道を進んだ可能性が高いことが、河北新報社の検証で分かった。
    児童の足取りを巡っては「なぜ、津波に向かって進んだのか」
    「なぜ、県道に直接出ず、遠回りしたのか」など長い間謎だった。(大川小事故取材班)

    2011年3月11日午後2時46分の地震発生後、教職員と児童は約45分間、校庭にとどまり、
    津波襲来の約1分前までに校庭を徒歩で出発した=図=。証言によると、その後、釜谷交流会館の
    駐車場を横切っている際に県道から戻ってきた教頭が「津波が来ているから急いで」と叫び、
    児童の一部は途中で右折し、民家の間を通って県道に出ようとした。
     
    先頭付近にいた当時5年の只野哲也さん(18)=高校3年=は県道に出る直前、津波に気付いて引き返し、
    裏山を約3メートル登った辺りで波にのまれた。地元釜谷育ちの只野さんは「行き止まり」を知っており、
    とっさに右折するルートを選んだ。行き止まり付近では児童34人の遺体が見つかった。
     
    地元住民によると、裏道は1976年12月に新北上大橋が開通するまで、軽トラックが通れる道幅があった。
    開通後も幅1メートル弱の小道は残り、近所の住民が生活道として利用していた。
    商店主が震災の約10年前に高さ2メートル以上の鉄柵を設置し、通行できなくなった。
     
    鉄柵と山裾にはわずかな隙間があり、「震災の数年前まで三角地帯に行けた」との証言もある。
    地元の女性は「無理をすれば通れたが、子どもを大勢連れて通る道ではない」と話す。
     
    三角地帯は標高約7メートルで学校より6メートル近く高い。教頭は地元住民と相談し、三角地帯行きを決めた。
    住民のアドバイスなどを基に、土地勘のない教職員が裏道を先導した可能性があるほか、
    「交通量が多い県道を避けた」との見方もある。
     
    大川小は07年度に危機管理マニュアルを改定し、「津波」の文言を初めて盛り込んだ。
    10年度の改定でも校庭からの避難場所については「近隣の空き地・公園等」を踏襲し、
    具体的な場所を指定しなかった。
     
    仮に三角地帯にたどり着けたとしても、付近は高さ2~3メートルの津波に襲われた。
    マニュアルの不備に加え、震災当日の(1)避難先(2)避難ルート
    (3)出発時刻-など二重三重の判断ミスが重なり、「大川小の悲劇」につながったと言える。

    河北新報
    http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201801/20180111_13058.html
    宮城県石巻市大川小の周辺図

    (出典 storage.kahoku.co.jp)


    【【東日本大震災】「大川小」避難経路、最短ルートと誤解か 行き止まり知らず進んだ可能性】の続きを読む


    「内輪だけ」の盛り上がりは、ときに身を滅ぼすリスクをもたらす。昨年、13匹の猫を虐待する様子を撮影し、ネットに動画を公開していた元税理士が、動物愛護法違反で逮捕され、有罪判決を受けた。なぜ犯罪の動かぬ証拠を、ネットで公開していたのか。人間を暴走させる“承認欲求”の怖さとは――。

    ■13匹の「虐待動画」をネット上で公開して、お縄

    昨年12月、ノラ猫をいたぶって殺害したりケガを負わせたりして、動物愛護法違反の疑いで起訴された元税理士(52)の初公判。東京地裁前に定員30名ほどの傍聴券を求めて300人以上が集結したのもすごいが、抽選に外れた人たちが去ろうとせず、公判が終わるのを待っていたのには驚かされた。

    大半が女性で、猫をモチーフにしたバッグやアクセサリーを身につけている人も多い。近くで様子をうかがうと、団体で押しかけたのではなく、少人数のグループが主流のようだ。マスコミが注目するような事件では傍聴希望者も殺到するが、抽選に外れればクモの子を散らすようにいなくなるのが普通。それなのに、こんなに残っているのはなぜか。聞き耳を立てているうちに、立ち去りがたい心情がわかってきた。

    事件の概要はつぎのようなものである。

    <被告人は2016年3月~2017年4月にかけて、わななどで捕獲した猫に熱湯をかけたり、ガスバーナーであぶったりして9匹をショック死させ、4匹にけがをさせた。また、虐待する様子を動画撮影し、インターネット上で公開。虐待を繰り返すうちに虐待に楽しみを覚え、動画をネットで公開することが目的化していた>

    ▼全国の愛猫家が集結「執行猶予付判決許すまじ」

    残虐性の高さもさることながら、その様子をネットで公開したことで発覚したのが、この事件の特徴だ。被告人は罪を認めているので争点らしきものはなく、初公判の今日、一気に求刑まで行われる可能性が高い。

    しかし、動物愛護法違反の罪は<懲役2年以下、罰金200万円以下>。違反といってもさまざまなレベルがあるだろうが、このようなひどい事件が起きることを思うと「軽いな」という印象だ。

    しかも、被告人は初犯なので、執行猶予付判決になるのではないかと目されている。怒っているのは裁判所前の人たちだけではない。事件にショックを受けた全国の愛猫家やペットを家族のように愛する人たちはネットで署名を集め、被告人に実刑を与えるよう裁判所に嘆願書を提出した。その数は16万人以上に達したという。SNSがエスカレートさせた犯罪行為に怒った人たちが、SNSを使って結集し、動物虐待家にプレッシャーをかけているのだ。

    ■結局、廃業した税理士「害獣駆除だから犯罪ではない」

    ロビーで公判が終わるのを待っていると、さっそく情報が回ってきた。検察の求刑は1年10月。

    いったいどこに2カ月減らす酌量の余地があるのだ、とそばにいたグループが憤慨している。執行猶予付判決が下れば被告人が同じ行為を繰り返すのではないか。実刑にならないとなれば、虐待する人間が後を絶たないのではないか。それを防ぐためにも、法律の許す範囲でもっとも厳しい罰を与えるべきなのに、と嘆いていた。

    判決は懲役1年10月、執行猶予4年(税理士の仕事は廃業)。予想通りの結果といえるが怖さは残る。

    被告人は当初、猫殺しについて「害獣駆除だから犯罪ではない」と開き直っていたという。もし、生き物をいたぶって殺すことに快楽を感じていたとしたら、最悪、対象が人間にエスカレートすることだってあるかもしれない。

    そういう意味で、筆者が気になったのは初公判で結審、次回判決という、この裁判の素早さだった。被告人がもともと持っていたであろう残虐性を、フルに発揮させることになったSNSの魔力について、踏み込んだやり取りが行われなかったのは残念だ。

    ▼なぜ、税理士は犯罪の証拠をネットで公開したのか

    それにしても、なぜ被告人は虐待している動画を次々にネットにアップしたのだろう。子どもじゃあるまいし、ガスバーナーで猫を焼き殺す動画が犯罪の証拠になることは、少しでも冷静さがあれば気づくはずだ。

    被告人が動画をアップしていたのは“動物虐待家”が集まるネット掲示板。アップした動画を虐待家たちに絶賛され、次第にエスカレートしていったらしい。ひどい動画を投稿するたびに有名になり、「神」と持ち上げられ、ネット上の“オーディエンス”の期待と要望に応えるべく、つぎの獲物を探すようになっていったようだ。

    犯罪行為と知りつつ調子に乗った、いや周囲に乗せられたというべきだろうか。いわゆる“承認欲求”が満たされるというやつだ。仲間内でこっそりやっていたつもりなのだろうが、これだけの内容をネットで公開すれば、発信元がバレるのは当然のこと。社会人にもなって、どうしてそんなことに気づけないのかと誰もが首をかしげるに違いない。くだらない自己満足のために犠牲になった猫がふびんだ。

    ■虐待犯を「神」と崇めたネット住人は一目散に逃げた

    でも、読者のみなさんは、「SNSではしゃいだことはない」と言い切れるだろうか。

    SNSへの書き込みで「問題化」するのは、政治経済のような大きな話題より、個人的なことが多い。仕事の愚痴を書きつらねる、知人・友人・会社関係者への個人攻撃、などである。こういうことは立場を同じくする人の間で盛り上がりやすいし、話が具体的になればなるほど「さすがだね」「鋭い指摘だね」といったコメントをもらいやすい。悪気はなくても、ついついやらかしてはいないだろうか。

    称賛されれば悪い気はしないのが人間だ。フォロワー間ではしゃぐくらいはかまわないだろうという油断もある。が、“密室”のつもりでいても、どこからか内容が拡散してしまうのがSNS。実際は、駅前に立って大声で悪口を言っているに等しいと思ったほうがいい。それが本人にまで伝われば、その人が抱く嫌悪感は“飲み屋のグチ”の比ではないはず。さらに、それまで称賛していた人は応援団になってはくれず、孤立してしまうのがオチ。逆の立場なら、あなたもそうするのではないか。

    ▼SNSで何か発信する前に“音読”を実践せよ

    実際、前出の猫の虐待犯が捕まったとき、それまで「神」とあがめていたネット掲示板の住人たちは、かばうどころか一目散に掲示板から逃げ出したという。顔も名前も知らず、SNSだけでつながった人間関係なんてその程度のものと考えたほうがいい。

    とはいえ、SNSには良い面もたくさんある。一切断つのももったいない。そこで、調子に乗って墓穴を掘らぬよう、筆者がSNSで何かを発信する前に実践しているのが“音読”だ。

    この言葉を発信して大丈夫だろうかと迷う書き込みを声に出して言ってみるのである。それだけで想像力が膨らみ、誰かに聞かれても問題ない発言かどうかがわかる。とくに「自慢」「嫉妬」「誰かの発言にカチンときて発する感情的な発言」はかなり防げるので良かったら試してみてほしい。

    ※写真は本文とは関係ありません。 写真=iStock.com/Bliznetsov


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 gajitaku.link)


    もっと重罪でいいよな

    <このニュースへのネットの反応>

    【エリート税理士が"猫に熱湯"判決は1年19ヵ月執行猶予4年。傍観者は「どこに執行猶予?」と疑問】の続きを読む


    短時間で5回信号無視って確信犯でしょ…

    1 ばーど ★ :2018/01/10(水) 22:08:35.89 ID:CAP_USER9.net

     大型トラックを運転中に赤信号を無視し、横断歩道を自転車で渡っていた女子高生をはねて死亡させた男に対する裁判員裁判が平成29年12月、大阪地裁で行われた。争点は男が赤信号を認識していたか否か。検察側は、故意に赤信号を無視したとして、自動車運転処罰法違反(危険運転致死)罪で起訴。トラックに取り付けられたドライブレコーダーの映像から、男が前を見て運転していた(信号を見ていた)ことを立証し、事故を起こすまで約35分間で計5回の“信号無視”を繰り返していたことも指摘した。しかし、判決は「(信号)見落としの可能性がある」と判断し、罰則の軽い同法違反の過失致死罪を適用した。検察側の証拠のどこに穴があったのか。

     ■走る凶器と化したトラック

     事故は同年2月2日午後7時5分ごろ、大阪市西淀川区大和田の府道交差点で発生した。現場は信号機のある片側2車線の交差点で、青信号にしたがって自転車で横断歩道を渡っていた同市内の高校1年の女子生徒=当時(16)=が、赤信号を無視して交差点に進入してきた大型トラックにはねられた。

     トラックの総重量は23トンで、当時のスピードは時速57キロ。“走る凶器”となった大型トラックにはねられた女子高生は即死した。

     大阪府警は、自動車運転処罰法違反(過失傷害)容疑でトラックを運転していた男(44)を現行犯逮捕。大阪地検は、より重い罰則が問える危険運転致死罪で起訴した。男が赤信号であることを認識していながら故意に無視したと判断したからだ。

     ただ、危険運転致死罪を適用するのは簡単ではない。12月4日の初公判で、男は「赤信号を認識していながら無視してはいません」と故意の信号無視を否認。検察側は、赤信号を無視したのは「故意」と立証する必要があり、居眠りや脇見などで「見落とし」た可能性を排除しなくてはならない。

     検察側が「間違いなく認識していた」と主張する支えとなったのは、トラックにあったドライブレコーダーの存在だった。

     ■スピード上げて現場に進入

     トラックには進行方向と運転席を写した2つのドライブレコーダーがあり、法廷で映像が流された。

     このうちトラックから前方を写していた映像からは、次のことが明らかとなった。

     《現場の西(現場の手前)約100メートルに信号機のある交差点があり、トラックは、この交差点を信号が赤になった直後に通過。とほぼ同時に約100メートル先の現場の信号も赤に変わった》

     《トラックと現場までの距離は98メートル。見通しは良く、時間にして約6秒の間があった。ブレーキをかければ止まることはできたのだが、トラックは止まるどころか、車線変更し、数キロほどスピードを上げていた》

     このようなことから、検察側は「前方を見ていれば必ず信号機が見える状況だった」と主張した。

     そして2つ目の映像。トラックの車内を写したものだ。映像には運転席の男の顔が写っていた。男は手前の交差点から現場に至るまでの間、車線変更のために一瞬右側に視線を向けた以外は、前方に視線を向け続けていた。

     2つの映像を総合すると、「前を見ていれば赤信号を簡単に認識できる状況で、男は脇見せずに前を向いて運転していた」となり、検察側の「赤信号であることを認識していた」との主張につながる。

     ■ギリギリなら赤信号突破?

     男は当日、大阪市住之江区にある勤務先を出発し、約35分後に事故を起こしていた。この約35分間の運転の映像も全て裁判員らの前で流され、その間法廷は静寂に包まれた。

     それによると、現場にたどり着くまでのルート上には交差点が43カ所あり、そのうち赤信号だったのは18カ所。男は14カ所で停車したが、4カ所は信号が赤に変わった直後の交差点を通過していた。現場も含めると約35分間に5カ所の交差点で“信号無視”。20年近くトラックの運転手をしていたという男だが、粗い運転との印象は否めない。

     >>2以降に続く

    配信2018.1.10 10:00
    iza
    http://www.iza.ne.jp/kiji/events/news/180110/evt18011010000001-n1.html

    ★1が立った時間 2018/01/10(水) 18:48:11.08
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1515577691/


    【【裁判】“走る凶器”はねられた女子高生即死 ドラレコ映像に度重なる赤信号通過も判決は… 一人で育てた母の涙】の続きを読む

    このページのトップヘ