さっくんのワンダフルNewS!

2chやリアルタイム検索などで上位にくる旬なニュースを速報していきます。 ニュース全般扱っていくので是非ご覧下さい!

    カテゴリ: 裁判



    (出典 bungu-uranai.com)


    徹底的にやってほしい

    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/12/17(月) 04:40:20.94 ID:CAP_USER9.net

    控訴した場合、量刑はどうなる? 神奈川県大井町の東名高速道路で昨年6月に起きたあおり運転事故で、
    自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)などの罪に問われた石橋和歩被告(26)の裁判員裁判で、横浜地裁は14日、懲役18年の判決(求刑23年)を言い渡した。
    争点だった危険運転致死傷罪の成立を認めた。同被告は時折首をかしげるしぐさを見せるなど、
    判決に納得いかない様子。とはいえ、控訴しても同被告には“地獄の日々”が待ち構えているという――。

    「常軌を逸している。身勝手で自己中心的、短絡的な犯行で、くむべき余地はない」

    深沢茂之裁判長は石橋被告に厳しい言葉を投げかけた上で、懲役18年の有罪判決を言い渡した。

    事故は昨年6月5日夜、東名高速下り線で発生。同被告が乗用車でワゴン車の前に割り込んで減速する「あおり運転」を4回繰り返し、追い越し車線で停車させた。
    2分後、後続の大型トラックがワゴン車に追突し、萩山嘉久さん(45=当時)と妻の友香さん(39=当時)が死亡、長女と次女がケガを負った。

    争点は最大20年の有期刑が科される危険運転致死傷罪が成立するか、否か。深沢裁判長は「4回にわたって妨害した行為は危険運転にあたる。
    死傷の結果は妨害運転によって現実化した」と指摘し、あおり運転とその後の事故死の因果関係を認定した。
    また、昨年5~8月の同様のあおり運転などによる山口県内での強要未遂や器物損壊罪の3事件も有罪とした。

    この日の公判は約1時間。メガネに黒のジャージー姿で入廷した石橋被告は序盤こそ神妙な面持ちだったが、
    30分が経過したあたりから、落ち着きがなくなり、判決理由が読み上げられている最中には、しきりに首をかしげる場面もあった。

    不遜な態度はこの日も見られた。裁判長から「最後に何か言いたいことはありますか?」と問われ、
    数秒悩んだ揚げ句「ない」。この期に及んでも遺族へ謝罪の言葉は出てこなかった。

    閉廷後、弁護側は控訴について「今の時点ではゼロベース。刑の重さが妥当かどうか、被告人と話し、検討したい」とコメント。

    裁判員裁判と違い、控訴審は職業裁判官のみで審理されるため、大幅に減刑される可能性もないことはないが…。

    法曹関係者は「仮に高裁で減刑されたら、今度は検察が最高裁に上告することは間違いない。
    手続きなどを含めれば、最高裁判決が出るまでに3年以上はかかる。被告がそれに耐えられるかどうか」と話す。

    犯罪ジャーナリストの小川泰平氏は「控訴したからといって量刑が大きく変わることはないだろう」と推察。
    検察側は危険運転致死傷罪が認められなかった場合の予備的訴因として、監禁致死傷罪でも起訴している。

    「万が一、高裁で危険運転致死傷罪が認められなくても、監禁致死傷罪が適用されるはず。
    むしろ、私は今回のケースは危険運転よりも監禁致死傷罪の方が堅いと思っていたほど。
    監禁致死傷罪も最大20年の有期刑が科せられる。つまり石橋被告はどっちに転んでも重罪なんです」(同)

    減刑狙いのはずが、高裁や最高裁で量刑が増えることもある。
    小川氏によれば「検察の求刑が『生ぬるい』と判断された時は、求刑を超える判決が出たり、一審判決に数年加味される場合があります」。

    公判では亡くなった嘉久さんの母親が証言台に立ち「息子夫婦は殺されたとしか思えない」と告白。
    遺族は今回の事件を危険運転ではなく“殺人”として捉えている。前出法曹関係者の話。

    「石橋被告は嘉久さんを『殺されたいのか』『(高速道路に)投げられたいのか』と脅している。
    いまさら起訴内容を殺人にすることは不可能だが、一審判決よりも悪質と判断されれば、危険運転致死傷罪もしくは、
    監禁致死傷罪の最大量刑である懲役20年が言い渡される可能性もゼロではない」

    「危険運転には当たらない」と主張し続けた石橋被告の弁護人は、被害者感情や国民の処罰感情と法制度に隔たりがあるとして法改正による解決を訴えたが、
    控訴の判断はあくまで石橋被告に委ねられる。

    量刑がさらに重くなるのを恐れ、このまま判決を受け入れれば、懲役18年で確定。
    一般的に模範囚であれば、12年前後で仮釈放となる。

    https://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/1221097/
    2018年12月15日 17時00分

    前スレ 2018/12/16(日) 02:26
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1544953213/


    【【東名あおり運転事故】石橋被告は控訴するのか? どのみち地獄らしいが wwwww】の続きを読む



    (出典 img2.bakusai.com)


    まぁ妥当でしょ!

    1 ばーど ★ :2018/12/15(土) 14:19:58.67 ID:CAP_USER9.net

     神奈川県大井町の東名高速で昨年6月、一家4人が乗るワゴン車が「あおり運転」で停車させられ、大型トラックによる追突で夫婦が死亡した事故で、横浜地裁は14日、危険運転致死傷罪の成立を認め、石橋和歩被告(26)=福岡県中間市=に懲役18年(求刑懲役23年)の判決を言い渡した。深沢茂之裁判長は石橋被告のあおり運転と事故との因果関係を認定。「身勝手かつ自己中心的な動機で、常軌を逸した犯行だ」と量刑の理由を述べた。

     自動車運転死傷処罰法は危険運転の要件を「重大な危険を生じさせる速度で運転する行為」としている。判決は、被告によるあおり運転などの妨害が危険運転に該当するとしつつ、停車は「一般的に危険を生じさせないのは明らか」で、「文言上、運転に含まれると読むのも無理がある」と述べ、「高速道路での停車は危険運転にあたる」という検察側の主張を退けた。

     そのうえで、石橋被告がパーキングエリアで駐車方法を注意されたことに腹を立て、「ワゴン車を停車させて文句を言おう」と、妨害を始めたと認定。その後の停車と夫に対する暴行も一貫した意思で行われているため、「妨害と密接に関連する行為」と判断した。

     さらに、現場が高速道路の追い越し車線で交通量もあり、夜間でもあったことから、「追突事故の危険性は極めて高かった」と指摘。「妨害により生じた事故の危険性が現実化した」として、危険運転致死傷罪が成立すると結論づけた。弁護側は「時速20~30キロは必要。停車後に発生した事故には適用できない」と無罪を主張していた。

     判決によると、石橋被告は昨年6月5日夜、萩山嘉久さん(当時45)=静岡市清水区=、妻友香さん(当時39)ら一家4人が乗るワゴン車の前に割り込み、減速して接近させる妨害を4度繰り返した末、追い越し車線で停車させて嘉久さんに暴行し、追突事故を引き起こした。

     判決は、石橋被告が山口県で妨害運転により計3台の車を停車させ、車体を蹴ったり運転者を降車させようとしたりしたとして、器物損壊罪と強要未遂罪の成立も認めた。(飯塚直人、伊藤和也)

    朝日新聞 2018年12月14日20時50分
    https://www.asahi.com/sp/articles/ASLDG5SRBLDGUTIL03S.html

    ★1が立った時間 2018/12/15(土) 11:15:44.42
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1544840144/


    【【東名あおり運転裁判】裁判長に突っ込みの嵐wwwwwwwww】の続きを読む



    NO.7133468 2018/12/15 05:59
    東名あおり懲役18年 「腕組み」「サンダル投げ出し」被告驚きの態度
    東名あおり懲役18年 「腕組み」「サンダル投げ出し」被告驚きの態度
    ■あおり運転に懲役18年 判決のポイントは?
    去年6月、東名高速道路であおり運転を受けて停車させられた夫婦が、トラックに追突され死亡した事故。

    危険運転致死傷罪などに問われていた石橋和歩被告(26)の裁判員裁判の判決公判が14日に開かれ、横浜地裁は危険運転致死傷罪の適用を認め、懲役18年(求刑懲役23年)を言い渡した。

    公判で大きな争点となった、「重大な危険を生じさせる速度で車を運転する行為」と定義されている危険運転を、停車後の事故に適用できるかどうか。

    危険運転致死傷罪を適用した理由について、裁判長はこのように述べている。

    <停止状態での事故に関して>
    時速0kmで停止することが、一般的・類似的に、衝突により大きな事故が生じる速度または大きな事故になることを回避することが困難な速度であるとは認められない 。

    <死傷事故との因果関係>
    被告人の4度の妨害運転並びにこれと密接に関連した被告人車両および萩山さんの車両の停止、嘉久さんに対する暴行等に誘発されて生じたものと言える。

    嘉久さんらの死傷結果は、被告人が萩山さんの車両に対し妨害運転に及んだことによって生じた事故発生の危険性が現実化したに..



    【日時】2018年12月14日 21:00
    【ソース】FNN


    【東名あおり懲役18年 「腕組み」「サンダル投げ出し」被告驚きの態度(´・ω・`)】の続きを読む



    NO.7130855 2018/12/13 17:52
    三田佳子の次男・高橋祐也被告、4度目の覚せい剤に「猶予判決」
    三田佳子の次男・高橋祐也被告、4度目の覚せい剤に「猶予判決」
    三田佳子さんの次男に、覚せい剤で4度目の判決。

    記者からの「きょうは判決ですが、お気持ちはいかがですか?」との問いかけに、高橋祐也被告(39)は無言だった。

    女優・三田佳子さんの次男・高橋祐也被告。

    4度目の逮捕の末、13日に注目の審判が下された。

    裁判官「被告人を懲役2年6カ月に処する。5年間、その刑の執行を猶予する」

    2018年9月、東京・渋谷区の飲食店でトラブルを起こし、警視庁に任意同行を求められた高橋被告。

    その後、自宅で覚せい剤を使用した罪で、起訴された。

    高橋被告「覚せい剤を目の前にすると、一度くらいならと思って、手を出してしまった」

    「一度くらいならという、心の弱さがあった」と説明し、覚せい剤を使用した事実を認めた。

    一方、検察側は「常習性、依存性は顕著。覚せい剤との関わりは根強く、再犯のおそれも極めて大きい」と指摘し、懲役2年6カ月を求刑。

    裁判では、覚せい剤の“常習性”が争点となった。

    2度目の2000年12月、神奈川・横浜地方裁判所川崎支部では、40近い傍聴席の券を求めて、およそ500人が朝から列を作っていた。

    これまで、たびたび覚せい剤がらみで逮捕されてきた高橋被告。

    ..



    【日時】2018年12月13日 17:28
    【ソース】FNN


    【高橋祐也、4度目の覚せい剤でも執行猶予wwwwwwwww】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)


    区に非はなくね?

    1 ばーど ★ :2018/12/13(木) 08:07:33.92 ID:CAP_USER9.net

     東京都世田谷区立小学校で2009年、同級生が投げた分度器が目に当たり、角膜裂傷などのけがを負ったとして、当時小学4年だった男性(18)が区と同級生の母親に約3400万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁(鎌野真敬裁判長)は11日、区と母親に約2900万円の支払いを命じた。

     判決によると、元児童が同年12月、教室でテスト問題を解いていたところ、教室内を走り回っていた同級生が投げた分度器が椅子に跳ね返り、元児童の左目を直撃した。事故後、1・2だった元児童の視力は0・03まで落ちた。

     訴訟で区は「担任教諭は同級生に席に座るよう口頭で指導しており、分度器を投げることは予測できなかった」と主張。しかし、判決は「教諭が同級生の近くまで行って注意をすれば事故を回避できた可能性が高く、事故防止の注意義務を怠った」として、区側の責任を認定した。

     保坂展人区長の話「判決を大変重く受け止めている。内容を精査し、適切に対処していきたい」

    2018年12月12日 16時10分
    YOMIURI ONLINE
    https://www.yomiuri.co.jp/national/20181212-OYT1T50059.html

    ★1が立った時間 2018/12/13(木) 01:27:48.32
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1544632068/


    【【東京地裁】同級生が投げた分度器、小4の目を直撃し角膜裂傷 視力1.2→0.0.3に…世田谷区と親に2900万円の賠償命令】の続きを読む

    このページのトップヘ