さっくんのワンダフルNewS!

2chやリアルタイム検索などで上位にくる旬なニュースを速報していきます。 ニュース全般扱っていくので是非ご覧下さい!

    カテゴリ: 裁判


    2センチw

    俺もマンホールでこけた時訴えとけば良かったわw

    1 水星虫 ★ :2018/04/24(火) 20:47:29.64 ID:CAP_USER9.net

    自転車で転倒「道路管理に問題」

    *ソース元にニュース画像あり*

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/okayama/20180424/4020000235.html
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

    岡山市の市道をロードバイクで走っていた男性が幅2センチほどの溝にタイヤが挟まって転倒し、
    道路の安全性に問題があったとして市を訴えていた裁判で、岡山地方裁判所は
    道路の設置や管理に問題があったと認め、岡山市に38万円あまりの賠償を命じる判決を言い渡しました。

    おととし6月、岡山市に住む50代の男性が岡山市北区大供本町の市道の路肩を
    ロードバイクで走っていたところ、幅2センチほどの溝に前輪が挟まって転倒し、
    胸や指の骨を折るなどの大けがをしました。
    タイヤの幅は2センチ3ミリだったということです。

    この溝は、大雨の際の排水のために設けられているもので、男性は、道路の安全性に
    問題があったとして、岡山市に57万円あまりの賠償を求める訴えを起こしていました。

    24日の判決で岡山地方裁判所の佐々木愛彦裁判官は、
    「溝は黒い直線に見え、傾斜もあるため、認識できずに近づいてしまう可能性がある。
    ロードバイクの普及率は高くないとはいえ、車道を走行することはすでに珍しい光景ではなく、
    2センチの幅は広すぎる」と指摘しました。
    そのうえで、この道路は
    「通常あるべき安全性を欠いていた」として設置や管理に問題があったと認め、
    岡山市に38万円あまりの賠償を命じる判決を言い渡しました。

    判決について岡山市の大森市長は「弁護士とも相談し、今後の対応を検討したい」としています。

    04/24 19:01


    【【衝撃】自転車で車道を走っていた男性が幅2センチの溝にタイヤが挟まってこける→市を訴る→賠償金勝ち取るwwwwwwwwww】の続きを読む


    面白くなってきた!!

    1 記憶たどり。 ★ :2018/04/16(月) 14:17:43.46 ID:CAP_USER9.net

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180416/k10011405611000.html

    財務省は、福田淳一事務次官に対して行った聞き取り調査の結果を16日に公表しました。
    全文は、以下の通りです。

    (1)週刊誌報道・音声データにある女性記者とのやりとりの真偽

    週刊誌報道では、真面目に質問をする「財務省担当の女性記者」に対して私(福田事務次官)が
    悪ふざけの回答をするやりとりが詳細に記載されているが、私(福田事務次官)は女性記者との間で
    このようなやりとりをしたことはない。音声データによればかなり賑やかな店のようであるが、そのような店で
    女性記者と会食をした覚えもない。音声データからは、発言の相手がどのような人であるか、
    本当に女性記者なのかも全く分からない。また、冒頭からの会話の流れがどうだったか、
    相手の反応がどうだったのかも全く分からない。

    (2)週刊誌報道・音声データにある女性記者の心当たり

    業務時間終了後、男性・女性を問わず記者と会食に行くことはあるが、そもそも私(福田事務次官)は、
    女性記者との間で、週刊誌報道で詳細に記載されているようなやりとり(また、音声データ及び女性記者の
    発言として画面に表示されたテロップで構成されるやりとり)をしたことはなく、心当たりを問われても答えようがない。

    (3)普段から音声データのような発言をしているのか

    お恥ずかしい話だが、業務時間終了後、時には女性が接客をしているお店に行き、お店の女性と言葉遊びを楽しむ
    ようなことはある。また、仲間内の会話で、相手から話題を振られたりすれば、そのような反応をするかもしれない。
    しかしながら、女性記者に対して、その相手が不快に感じるようなセクシャル・ハラスメントに該当する発言をしたという認識はない。

    (4)週刊誌報道の4月6日の会食に関する記載の真偽

    週刊誌報道は全体的に確認しようがない部分が多いが、4月6日の会食について「同席した民間企業の女性が
    赤面してしまうような卑猥な発言を連発」とされている点については、当該女性とともに同席していたその上司から、
    「そのような事実はなかったし、当該女性も同様の見解である」との連絡をいただいている。

    (5)所感

    上記のとおり週刊誌報道は事実と異なるものであり、私(福田事務次官)への名誉毀損に当たることから、
    現在、株式会社新潮社を提訴すべく、準備を進めている。他方で、財務省が厳しい状況に陥っている中で、
    更に私(福田事務次官)のことでこのような報道が出てしまったこと自体が、不徳のいたすところである。
    国民の皆様から不信を招き、麻生財務大臣・政務二役・職員をはじめとする関係者の皆様にご迷惑を
    おかけしていることは、誠に申し訳なく感じている。反省の上で、麻生財務大臣からも注意いただいたように、
    緊張感を持って職務に取り組んでまいりたい。


    【おっぱい財務省、福田事務次官のセクハラは捏造疑惑浮上!! 週刊誌に訴訟の構え(# ゜Д゜)】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    訴えるなら整備した方じゃねえか?

    1 もぐもぐ ★ :2018/04/12(木) 10:32:59.72 ID:CAP_USER9.net

     岡山県美作(みまさか)市の「岡山国際サーキット」で昨年4月、練習走行中の大型オートバイ7台が転倒して7人が死傷した事故で、亡くなった男性2人の遺族らが16日にも、同サーキットと親会社の「アスカ」(愛知県)を相手取り、総額約3億5千万円の損害賠償を求めて岡山地裁に提訴する。

     原告は、亡くなった岡山市南区の内田正人さん(当時38)と徳島県小松島市の今井伸也さん(当時42)の遺族と、けがをした50代と20代の男性。

     訴状などによると、事故は昨年4月24日午前9時5分ごろ、サーキットの緩やかなS字カーブで発生した。先行して走っていたオートバイのオイルが漏れて路面に広がり、後続の7台が次々と転倒したという。

     原告側は、サーキット側には、走行中止を知らせる赤旗をすぐに表示し、オイルが漏れたことを後続のオートバイに知らせる必要があったと主張。「事故当時、現場付近に監視員の配置を怠っていたため、赤旗表示が遅れた。赤旗がすぐに表示されていれば、事故を回避できた」と訴える。また、「過去に複数回、事故現場で死亡事故が起きている」と指摘。「コースとしての安全性を欠いていた」とも主張する。

     同サーキットはこれまでの朝日新聞の取材に対し、事故当日は監視員とコース上に設置された監視カメラの二重チェックで事故を確認し、後続のオートバイが転倒した時に監視員が危険を知らせる黄旗、赤旗の順に旗を上げたと説明している。

     訴訟について同サーキットの担当者は「事故は大変重く受け止めているが、訴状を確認していないのでコメントは差し控える」としている。

    4/12(木) 10:23配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180412-00000028-asahi-soci


    【【悲報】取りあえず訴えとけ!!サーキットで転倒事故死した遺族がサーキットを訴える(。´・ω・)】の続きを読む


    ヴァヒド・ハリルホジッチ(Vahid Halilhodžić, 1952年5月15日 - )は、ボスニア・ヘルツェゴビナ出身の元・サッカー選手、サッカー指導者である。元ユーゴスラビア代表(現在はボスニア・ヘルツェゴヴィナ国籍以外にフランス国籍も取得)。ディヴィジオン1、1982-83,
    25キロバイト (2,452 語) - 2018年4月10日 (火) 00:00



    (出典 dcdn.cdn.nimg.jp)


    まぁ払うもんは払ってやれ

    1 ゴアマガラ ★ :2018/04/10(火) 12:09:11.92 ID:CAP_USER9.net

    電撃解任されたハリルホジッチ前監督は、2度目の悲劇を味わうことになった。

     田嶋会長から直接、契約解除の事実を通達されると、「満足ではない。何で、この時期に?」と言葉を発したという。
    元指揮官の様子について同会長は「やはりビックリしているのが僕の印象。まさかこのことを言われるとは、ということで、多少動揺もしたし、
    怒りもあった」と振り返った。前監督は08年から指揮したコートジボワール代表を10年南アフリカ大会の出場に導くも、同年2月に解任された過去がある。

    セルビアのニュースサイト・スポルツカ・セントララ(電子版)は「ハリルホジッチが日本サッカー協会に対して訴訟の準備をしている」と報道。契約解除に伴う違約金について合意に達していないという。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180410-00000057-spnannex-socc

    1:2018/04/10(火) 08:15:01.11
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1523315701/


    【【悲報】ハリル前監督が怒りの訴訟準備wwwwwwwwwwwww】の続きを読む


    こんなん認められたらマラソン自体無くなるわ

    1 かばほ~るφ ★ :2018/04/06(金) 10:39:01.83 ID:CAP_USER9.net

    遺族、焼津市と体協を提訴 マラソン中休憩、海転落後死亡
    (2018/4/6 07:41)

    4年前、マラソンのレース中に体調を崩して休んでいた際に岸壁から海中転落したことが原因で、
    昨秋に死亡したのは主催者が警護を怠ったためなどとして、女性=当時(24)=の遺族が
    焼津市と市体育協会を相手取り、約1億円の損害賠償を求める訴訟を静岡地裁に起こしたことが5日、
    関係者への取材で分かった。
     
    訴状によると、5キロコースに参加した女性は途中棄権し、スタートから約1時間後には嘔吐(おうと)した。
    女性はマラソンコース脇の駐車場に移動し、市内の海岸で休憩していた際、海に転落。
    溺れているところを周囲の人に発見され助けられたが、すでに心肺停止状態だった。
    その後も意識が回復せず、昨年10月に死亡したという。
     
    訴状では「周辺には警備員が配置されていながら、保護すべき注意義務を怠った。
    医師による応急体制が機能していなかった」などと指摘している。
     
    主催者側は「弁護士に相談しているので、コメントは差し控える」などと述べた。

    静岡新聞 アットS
    http://www.at-s.com/news/article/social/shizuoka/475863.html


    【【悲報】マラソン大会中に海岸で休憩→海に転落後死亡→女性(当時24)の遺族が焼津市と体協を提訴、約1億円の損害賠償求める←無理がある……】の続きを読む

    このページのトップヘ