さっくんのワンダフルNewS!

2chやリアルタイム検索などで上位にくる旬なニュースを速報していきます。 ニュース全般扱っていくので是非ご覧下さい!

    カテゴリ: 教育


     SNS上で先日「いたずらと犯罪の境界線」に関して議論が交わされました。きっかけは、愛知県で2017年11月、中学生が教師の給食に「いたずら」で下剤を盛り、教師が救急搬送された一件が生徒への「厳重注意」で収束したというニュース。これに対し「人に対して内緒で“一服盛る”行為はれっきとした犯罪だと広く教えるべき」「『いたずら』なんてかわいい言葉で片付けてしまったら事の善悪がわからない大人に育つに決まってる」「された側も笑えるようなことじゃなければいたずらとは呼べない」「もし我が子がそういうことをしたら警察に連れて行くと思います」など、さまざまな声が上がりました。

     中学生のこうした行為は法的責任などを問われないのでしょうか。オトナンサー編集部では、グラディアトル法律事務所の刈谷龍太弁護士に聞きました。

    14歳未満の行為は罰せられない

    Q.この事件について、中学生の行為は「いたずら」と「犯罪」のどちらでしょうか。

    刈谷さん「まず、法律上『いたずら』を定義した規定はありません。そのため、どのような『いたずら』であっても、それが『犯罪』に該当するのであれば、それは『許されないいたずら』として『犯罪』となります。今回のケースは、食事に下剤を入れた結果、教師が体調不良を引き起こし、救急搬送されてしまいました。単なる『いたずら』のつもりで、教師が救急搬送されるとは思っていなかったとしても、下剤入りの給食を食べた人が体調不良を起こすことは予想できるので、傷害罪(刑法204条)に該当するといっても差しつかえないと思います。傷害罪の法定刑は、15年以下の懲役又は50万円以下の罰金ですが、中学生の場合は少年事件になりますので、刑罰は科されず家庭裁判所の審判を経て保護観察などの処分が行われることになります。ただし、中学生が14歳未満ならば、14歳未満の者は刑事責任能力がないため、犯罪にあたる行為をしても罰せられません(刑法42条)。そのため、法律的には『犯罪』にあたらないことになります」

    Q.学校における同種のケースでは、「犯罪」も「いたずら」として処理され「厳重注意」などの処分で終わることが多いと思われますか。

    刈谷さん「学校側がどういう処分をするかは、行為の危険性や被害結果の重大性、社会的な影響、学校側の方針、中学生本人のこれまでの行動や反省の程度など、さまざまな要素を考慮し判断されると考えられます。また、学校は教育機関ですから、悪いことをしてもすぐに『犯罪』として社会的制裁を受けさせるよりも、本人に反省を促し教育機関としての役割を果たそうとする配慮が働くのかもしれません。ただし、今回のようなケースでも、たとえば下剤を大量に入れ、被害を受けた教師に生じた結果が重大であれば、厳重注意で済まなかった可能性があります。その場合、少年事件や触法事件として事件化される可能性も出てくるでしょう」

    Q.今回のケースで、教師が法的手段に訴えることは可能でしょうか。

    刈谷さん「下剤を入れる行為が法律的に『犯罪』にあたるかどうかにかかわらず、違法な行為であることには変わりませんので、民法上の不法行為(民法709条)にあたります。被害を受けた教師が加害者の生徒に対し、治療費などの損害賠償請求をすることは法的に可能でしょう。違法な行為により人に傷害の結果が生じている以上、法的責任は生じえますので『いたずらのつもりだった』という方便は法的には通用しない可能性が高いです。成長過程にある中学生には、自分の行為の危険性や結果を想像し、それが社会的に許される行為なのかを判断する力を養うことが重要だと思います」

    (オトナンサー編集部)

    生徒の教師に対する“いたずら”が話題に(写真はイメージ)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    少年法は見直した方が良い

    <このニュースへのネットの反応>

    【中学生が下剤を盛る→先生が救急搬送→厳重注意wwwww】の続きを読む



    1 名無しさん@涙目です。 :NG NG BE:323057825-PLT(12000).net


    (出典 img.5ch.net)

    「暴行事件」は教育界でも発生した。
    2017年11月下旬、秋田県立能代工業高校の男性教師が修学旅行中の羽田空港で、弁当配布に遅刻した男子生徒1人を平手打ちし、別の2人に腕立て伏せやスクワットを命じた。
    後にこの教師には戒告処分が下された。

     この件にも「体罰は指導とはいえない」「あってはならないこと」との世論があがった。
    実際、昨今は指導者が手を上げることは、いかなる理由であっても許されないという風潮がある。都内在住の女子高生が言う。

    「うちの学校でも、手のつけられない不良生徒が先生の言うことを聞かず、始業式の最中にずっと騒いでいたんです。
    見かねた先生が胸ぐらをつかんで叱ったのですが、それを知った保護者から批判が寄せられたそうで、
    後から、その先生は『あの行為は体罰に違いなく、あってはならないことだった』と全校生徒の前で謝罪しました。
    先生が全員の前で謝るくらい、やっぱり体罰はいけないことなのだと思いました」

     先生だけでなく、親たちも子供に体罰をすることは少なくなった。都内在住の60代女性はこう語る。

    「私が子供の頃は、先生だけでなく父も母も厳格でした。
    とくに礼儀や挨拶は厳しく指導され、言葉遣いが悪いとすぐに素手で叩かれました。
    今のお母さんたちは口で注意することはしても、手を上げることはまずありませんよね。私の娘もそんな母親のひとりです。
    孫が悪さをしても、手を上げるどころか、叱りもしない。そのせいで孫は『ごめんなさい』と言えない。
    それどころか、私が孫を注意すると娘に『お母さん、やめて』と怒られる。時代が変わったのだなあ、とつくづく思います」

     親が子供に手を上げると周囲から虐待を疑われてしまうことも理由の1つだろう。

     2016年6月に北海道の山中で、人や車に向かって小石を投げた7才男児が父親に置き去りにされ、100人以上が捜索した末に自衛隊の施設内で発見された。
    この「北海道置き去り事件」でも、「しつけの範囲を超えている」「児童虐待だ」と議論百出となり、父親が大バッシングを浴びた。

    不良生徒の胸ぐら掴んで叱った教師 全校生徒の前で謝罪する
    https://news.nifty.com/article/domestic/postseven/12180-639436/


    【【教育】不良生徒の胸ぐら掴んで叱った教師 全校生徒の前で謝罪】の続きを読む



    (出典 dcdn.cdn.nimg.jp)


    小学校の時、隣のクラスは昼休みいつも残って食べてた人いた。
    残さず食べるのは偉いことかもしれないが、どうしても嫌いな物を吐かせてまで食べさせることに何の意味があるんだ?

    1 らむちゃん ★ :2017/12/16(土) 22:39:01.29 ID:CAP_USER9.net

    キャリコネニュース2017年12月16日 11:00
    http://blogos.com/article/265630/

    今年9月、小学校で50代教諭が給食指導で児童5人を嘔吐させたと報じられ、話題になったが、こうした行き過ぎた指導を「給食ハラスメント」と呼ぶ動きが出てきている。

    11月下旬、フェイスブック上で給食ハラスメントに関する専門相談窓口を設置した一般社団法人日本会食恐怖症克服支援協会によると、ここ最近、学校給食に悩む子どもを持つ親からの相談が急増しているという。キャリコネニュースの取材に山口健太代表は次のように語る。


    「今年の春頃から、親御さんから"子どもの給食"に関する相談が増えました。9月の件の他にも、今年は『食べる時間が短い』『まずい』など給食に関する話題が多くあがりました。11月までに約50件、今は1日2~3件の相談が寄せられています」

    しかし「元々給食の悩み相談へのニーズはあった」といい、給食で何かしらのいやがらせを受けている子どもや、その親の悩みが表面化するようになった、と見ている。

    「教員自身、食育研修は受けていても、給食"指導"は研修すらない」

    相談内容としては、保育士・教員に無理やり食べさせられるなどの給食指導を受けた子どもが、余計に悪化して食べられなくなった、というものが多い。中には、学校給食が原因で不登校になってしまった子どももいるという。


    「例えば、班の全員が残さず食べられたらシールがもらえるという取り組みも、食べられない子からすればプレッシャーです。同級生から『なんで食べられないんだ』と責められる。生き地獄ですよ。登校拒否に繋がるケースもあります。他にも、食べられない子には別室で食べさせる学校もあるようです」

    このようなことが起こる理由として、教員も昔、同じような完食指導を受けてきたからではないか、と指摘する。さらに教員側の理解不足を挙げる。

    (全文は配信先で読んでください)
    1がたった日時 2017/12/16(土) 21:10:25.78
    前スレ 【給食】完食を強要する「給食ハラスメント」の相談が急増 教師の過剰指導が原因で不登校になるケースも
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1513426225/


    【完食を強要する給食ハラスメントで不登校(´・ω・`)】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)


    行き過ぎた校則は止めるべき、今はそんな時代ではないよね

    1 ばーど ★ :2017/12/15(金) 18:58:45.52 ID:CAP_USER9.net

    ◇まず不合理な校則など全国的なアンケート調査で実態把握へ

     大阪府立高校の女子生徒が生まれつき茶色の髪を黒く染めるよう強要された問題を受け、子どもの学習支援に取り組むNPO法人「キッズドア」理事長の渡辺由美子さんらが14日、東京都内で記者会見し、「ブラック校則をなくそう」と題したプロジェクトを始めたと発表した。不合理な校則やルールについて全国的なアンケート調査で実態を把握し、全国の学校に見直しを求める活動を展開する。

     プロジェクトの前にツイッターで情報を募ったところ、学校への「『くせ毛届』の提出」など頭髪に関するもののほか、服装や登下校のルールが寄せられた。「女子の下着は白のみ。スカートをめくられチェックされた」という内容もあった。

     プロジェクトのスーパーバイザーに就任した評論家の荻上(おぎうえ)チキさんは、こうした校則について「教育効果が確かめられていない理不尽なルールが多い。違反した生徒を公然と非難するなど、不適切な指導とセットで運用される」と指摘した。

     インターネット上で行うアンケートは調査会社に依頼。今月中に20~50代の2000人程度を対象に実施する。年代による校則の変化や学校、地域ごとの特徴などを把握し、結果を来年1月に公表する方針。また、中高生や教員にヒアリングをして現在の校則についての意見も集約する。ホームページで活動への賛同を求める署名を受け付けており、3月に文部科学相に提出する予定という。

     渡辺さんは「昔の常識でつくられた校則が子どもたちを苦しめている。新しい時代の校則はどういうものか、社会全体で議論したい」と呼びかけた。【伊澤拓也】

     ◇ツイッターで寄せられた「ブラック校則」の例

    ・パーマ禁止、「くせ毛届」の提出

    ・眉毛と髪の毛をいじってはいけない(30代男性、国公立高)

    ・女子の下着は白のみ。スカートをめくられてチェックされた

    ・カーディガン禁止(20代男性、私立高)

    ・日焼け止め禁止

    ・通学は徒歩以外、許されず、水分補給も禁止

    ・カップルは一緒に帰ってはいけない(20代女性、国公立中)

    配信2017年12月14日 21時08分(最終更新 12月14日 22時12分)
    毎日新聞
    https://mainichi.jp/articles/20171215/k00/00m/040/084000c

    ★1が立った時間 2017/12/14(木) 23:47:07.95
    前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1513286218/


    【ブラック校則なくそう運動スタート!「くせ毛届」「女子の下着は白のみ」「カップルは一緒に帰ってはいけない」】の続きを読む


    「8×7+17=73」はなぜ不正解?何がダメなのか実際の教師に聞いてみた | ニコニコニュース




    とある問題が話題となっておりました。小学校2年生の問題だということですが、8個入りのチョコレート7袋と、袋に入っていないチョコレートが17個、全部で何個になるかという問題です。通常で考えれば8✕7+17で73となる・・・はずですが、これは間違いだということです。一体何故間違いなのでしょうか。実際に教師にきいてみました。
    p, li { white-space: pre-wrap; } ー何故不正解なのか

    さてこの問題を投稿したオリジナルのユーザーは投稿を削除しましたため、何故「不正解」だったのかは判断出来ませんが、どうやら「(8+8+8+8+8+8+8)+17」が正解で、理由としては「まだ掛け算を習っていないから」と言うもののようです。

    これが教育方針であると言われればそうなのかもしれませんが、答えとしては正解なはずです。案の定ネットでも「理解できない」という答えが多かったようですが、これが現代の教育なのでしょうか?

    実際に元教師に聞いてみた。


    ー元教師の意見

    担任の先生は、8が7つあるから 8+8+8+8+8+8+8 になることを理解しているかどうかを確認したかったのだと思います。そして、このちょっと面倒な足し算が、掛け算を知ることによって8×7という簡単な式になることにつなげていきたかったのだと思います。
    担任の考えはわかりますが、それは担任の都合だと思います。間違っているのに〇をもらった児童は、この種の問題をこの式で答えを出すことが正しいと信じてしまうかもしれません。あっているのに「何これ?」と書かれた児童は、合っているにもかかわらず誤りとされたことに傷ついてしまうでしょう。そして、もう教えてもらったこと以上の発言をしなくなるでしょう。もしかしたら意欲の芽を摘んでしまったかもしれません。
    授業をするにあたっては、どの単元をどのように教えるのか、この単元での目標はこれこれであるということが書かれた指導要領というものはあります。しかし、学習集団は多様ですから、最終目標は同じでも、指導方法自体は多様になると思います。
    今は、塾などに通っていない児童・生徒の方が少ないといっても過言ではありません。授業内容より進んだ知識をもっている児童も大勢います。担任は、そういった授業内容よりも進んだ知識を持っている児童の考え方をも活かしながら、そうではない児童も理解できるような授業展開をしていかなければならないと思います。
    よほどのことが無い限り教育委員会などが授業展開や指導法について指導してくることはないと思います。逆に今回のような場合は、「何これ」というような添削をして、知識の芽を摘んでしまうようなことをしている担任に対して指導されるべきだと思います。
    児童・生徒が安心して通える学校がたくさんあるといいと思います。

    なるほど、教師の意図は掛け算へ繋がるステップとして、あえて面倒な式を書いてもらいたかった。しかし、「掛け算を知っている者」からはその経緯を理解できない。

    というのが今回の騒動の経緯のようです。
    どうやら算数の理解度というよりも「授業」の理解度を確認するテストとして考えたほうが良さそうです。

    とはいえ、「正解は正解として○をあげるべき」という意見もあるはずですので、今後このような問題はSNSを通じ様々な議論が行われることでしょう。


    (秒刊サンデー:たまちゃん

    画像が見られない場合はこちら
    「8×7+17=73」はなぜ不正解?何がダメなのか実際の教師に聞いてみた


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「8×7+17=73」を不正解 にされた理由と先生のコメントがひどすぎると話題に(・・;)】の続きを読む

    このページのトップヘ