さっくんのワンダフルNewS!

2chやリアルタイム検索などで上位にくる旬なニュースを速報していきます。 ニュース全般扱っていくので是非ご覧下さい!

    カテゴリ: 環境と自然



    (出典 imagec.navi.com)


    あり得ん…想像しただけで・・('ω')

    1 ダーさん@がんばらない ★ :2018/02/13(火) 16:27:20.29 ID:CAP_USER.net

    平昌五輪のノロウィルス騒動 汚染された地下水で食事を作ったのが原因と判明 大便物質による大腸菌などが検出される

    【簡単に説明すると】

    ・平昌五輪で集団ノロウィルス感染

    ・原因は調理に使われた地下水と推定される

    ・大腸菌も検出される


    (出典 gogotsu.com)


    平昌冬季オリンピックの警備会社が集団ノロウイルスに感染した理由が判明したようだ。その原因は調理用の水として汚染された地下水を使用していたのが原因と確認された。

    2月13日、疾病管理本部によると、平昌冬季オリンピックの警備会社の集団ノロウイルス感染の疫学調査の結果、集団発生の原因と修練院団体の食事と思われる調理用の水が汚染されている可能性があることが明らかになった。

    疾病管理本部は、修練院利用者1014人のうち94人がノロウイルスに感染された中、食事を食べた人と食べて居ない人を比較するとノロウイルス発生のリスクが6.5倍高く、食事だけして帰った人の中でも感染している人がいることが判明し、感染経路は食事に使われた水だと確定した。

    特に調理用の水からは大便物質などによる汚染から生じる大腸菌が検出された点から見て調理用の水が汚染されていた。

    疾病管理本部の関係者は、「問題がある地下水を調理用の水使用する過程で、食事が汚染されて集団感染が起きたと推定される」と述べた。

    地下水が何故ここまで汚染されていたのか? パイプに亀裂が生じて下水道と混入してしまったのか、それとも配管ミスか不明であるが地下水が汚染されていたのは事実でそれを多くの人が食べていたという。

    ソース:ゴゴ通信 2018/02/13 13:59:17
    http://gogotsu.com/archives/37228


    【【嗚咽注意】平昌五輪のノロウイルス騒動の原因が判明!そのあり得ない原因とは・・・】の続きを読む



    (出典 i.ytimg.com)


    この際爆発しちゃえ

    1 じゅげむ ★ :2018/02/12(月) 08:38:31.02 ID:CAP_USER9.net

     米航空宇宙局(NASA)の太陽観測研究チームは、「1月半ばから、太陽の黒点がほとんどない状態が2週間近く続いている」と発表した。
    昨年夏には、最強クラスの太陽フレア現象が発生したことは記憶に新しいが、太陽の活動サイクルは停滞期に移行しつつあるという。

     太陽の活動を継続観測しているNASAのソーラーダイナミクス天文台(SDO)は今月1日、「過去2週間にわたって、黒点が消失しているため、太陽が自転しているか把握するのが困難だ」と発表した。

     太陽の表面に見える黒点は、約11年(9~12年と幅がある)サイクルで増減を繰り返しており、黒点部分は、その部分の温度がまわりより1000~2000度低くなっているため、暗く見える。
    太陽の自転にともなって東から西へ移動していくことから、その動きによって太陽活動をとらえることができるのだが、SDOが公開した動画を見ると、表面に変化がないので、回転しているかどうかわかりにくい。

     情報通信研究機構(NICT)の宇宙天気情報センター(SWC)によると黒点数の各月の平均値は、昨年9月には26.2だったのが、10月以降は10を下回る月が続いていた。
    今年1月には、「0」が並ぶ日が目立ち始め、20日~29日は連続で「0」だった。
    最新データによると、今週に入ってからはじょじょに活発化し、7日は「20」だったものの、今年の夏以降は減少傾向が高まるという。

     NASAは「2008年12月に始まった現在の第24周期(サイクル24)は、来年に活動が最小期を迎えると予測されており、黒点消失が続くのはその前兆現象だ」と見解を示している。

    http://sp.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/3/23732.html

    2月1日の太陽。黒点が見えない(NASA/SDO)

    (出典 sp.hazardlab.jp)


    左は昨年の太陽活動を示した表、右は今後の予測(宇宙天気情報センターSWC)

    (出典 sp.hazardlab.jp)


    9日現在の太陽。中心部分に黒点が戻ってきた(NASA/SDO)

    (出典 sp.hazardlab.jp)


    ★1: 2018/02/11(日) 11:40:48.60
    ※前スレ
    【地球寒冷化】太陽黒点「1月から消失続く」NASA「活動最小期への前兆」
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1518316848/


    【【悲報】太陽黒点、1月から消失w ガチで地球寒冷化の予兆か!?】の続きを読む



    (出典 images.huffingtonpost.com)


    住めそうじゃん!

    1 ばーど ★ :2018/02/12(月) 00:25:03.65 ID:CAP_USER9.net

    こ、これが火星なのか…。火星探査機キュリオシティから送られてきたパノラマ写真

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    赤い荒野が広がっています。

    火星に降り立った探査機ローバーのCuriosity(キュリオシティ)が、ヴェラ・ルービン・リッジという山の頂上に到達しました。そこで、周囲をグルッと一望できる美しいパノラマ写真を送ってくれましたよ。

    撮影されたのは16枚の広角写真で、それらを繋ぎあわせると360度になるのです。

    撮影日は2017年10月25日で、山の標高は327m。NASAが画質を調整し、地上の日中程度の明るさに直した状態のものです。写真を左から右に流して動画にしたのがこちら。

    実はここ、ゲイル・クレーターという大昔に隕石が衝突した窪地なんだそうです。動画で遠くに見える山脈は、直径154kmにおよぶクレーターの外環なんですって。

    この撮影スポットは、キュリオシティが2012年に着陸した地点から18kmの場所とのこと。真上から見た衛星写真では、星印が撮影スポットであることが示されています。昔流れていた川や、キュリオシティが通ってきた進路なども解説されており、現地の状況がよくわかるようになっています。

    高画質版の全景写真はNASAから見ることができますよ。動画にもあったように、各所の名称も書かれています。大きく印刷したものを環状に繋げて中心から見たら、まるでVRで火星に降り立ったような気分になるかもしれませんね。

    Image: YouTube
    Source: YouTube, NASA, NASA JPL
    George Dvorsky - Gizmodo US[原文]

    (岡本玄介)

    2/11(日) 22:11
    ギズモード・ジャパン
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180211-00010007-giz-sci

    他ソース
    キュリオシティの5年半の旅路を振り返る(2018年2月2日 NASA JPL)
    https://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/9691_curiosity


    【【画像】こ、これが火星なのか… 火星探査機キュリオシティから送られてきたパノラマ写真】の続きを読む


     福井、石川両県の国道8号で発生した大規模な車の立ち往生は、1981年の「五六豪雪」に匹敵するほどの短時間での集中的な大雪が一因だった。さらに大型車のトラブルによる渋滞が重なったとみられる。いったん落ち着いた北陸地方の雪は11日から再び激しくなっている。不要不急の車の利用を控えるなど注意が必要だ。

    この記事をもっと詳しく読むにはこちら

    国道8号で立ち往生する車両=福井県あわら市で2018年2月7日、本社ヘリから小関勉撮影


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 pbs.twimg.com)


    予測できなかったから

    <このニュースへのネットの反応>

    【【北陸豪雪】国道8号立ち往生はなぜ起きた!? その真実とは】の続きを読む


    『福井 大雪』についてTwitterの反応


    福井で記録的大雪 車1,500台が立ち往生 福井で記録的大雪 車1,500台が立ち往生
    …福井・坂井市丸岡町の福井県内を縦断する国道8号線。福井県の大動脈だが、トラックがずらっと並んでいる。この辺りから石川県境までが、午前11時から、雪のた…
    (出典:社会(フジテレビ系(FNN)))



    (出典 kawajin.jp)



    【【悲報】福井の雪がヤバすぎる!1500台立往生、積雪136cm(゚д゚)!】の続きを読む

    このページのトップヘ