なぜ日本では"若い世代の自殺"が多いのか | ニコニコニュース



(出典 livedoor.blogimg.jp)



■ネガティブな気持ちにどう向き合うか

死を恐ろしいと感じる――年齢・性別問わず、人であれば当たり前のことです。これまで心理学では「ネガティブな気持ちにどう向き合うか」について考えられてきました。しかし近年では、21世紀に入って研究が進んでいる「ポジティブ心理学」が注目されています。

簡単に言うと、自分自身が持っている心の強みを発見して、前向きに幸福と人生の充実を目指すのが、ポジティブ心理学。この心理学の新しい領域が、「死への恐れ」と付き合う助けになってくれます。

死を強く感じ、恐ろしく思うのはどのようなときか。人がもっとも死を意識するのは、身近な人の死を経験したときであると調査の結果からわかっています。

人間の最大のストレスは、配偶者や親、子との死別です。親しい人の死に対峙したときに、自分自身の死を考える。存在への言い知れぬ不安に襲われます。その気持ちを「よい方向」に持っていくことが大切です。人生を悲観するのではなく、自分の中にある譲れないもの、「私はこれを大切にする」という、方向性を見出すことが求められます。

いくつになっても死は恐ろしいものですが、年齢を重ねるにつれ死を意識することは増えていきます。現実に死の場面が周囲に増えるからです。例えば社会人になれば葬儀に参列する機会も増しますが、それは年を重ねるごとに増えていきます。

葬式では、近しい人、親族や祖先を大事にする思いが強くなるものです。そして、それが、制度、文化を守る気持ち、「利他性」にもつながるのです。死を恐れるだけではなく、死を考えることで自分と他者、社会との関わりを前向きに確認する。そうして、自己を確立し、生に価値を見出していくことができるのです。

■「自分が死んだら悲しむ人」の顔が浮かぶか

ただし、日本は長寿国で、近年は他者とのつながりも薄くなり、死と直面する機会は減っています。死を考える機会がないまま、人間関係が希薄な状況下で、備えもないまま大きな恐れに襲われる。すると、虚ろな自己のまま、「自殺」という選択肢を選んでしまう。先進諸国の中で、日本で若い世代の自殺が多いのは、このような背景があると考えられます。

先ほども述べましたが、死の恐れを乗り越えるためには、利他性、つまり「他の人のために生きている」、言い換えれば、他者に支えられて生きているという気持ちが欠かせません。安心して生きるためには、いろいろな他人、共同体と関わること。職場だけではなく、友人、地域や趣味のつながりを持ち、「自分が死んだら悲しむ人」の顔が浮かぶような状況にすることです。

つながりが長期的な備えになる一方で、日々の日常的な楽しみを増やすことも大切です。体を動かすことがポジティブな気持ちを高めることは知られています。ほかにも、例えばお笑い番組を見ることでも何でもいいのです。楽しさを追いかけることは、どんなことでも視野を広げてくれますし、一時的でもポジティブな感情を重ねていくことで、死の恐れを乗り越え、人生を豊かにすることができるのです。

----------

島井哲志(しまい・さとし)
医学博士、指導健康心理士
関西福祉科学大学心理科学科教授。著書に『ポジティブ心理学を味わう』など。

----------

写真=iStock.com/izzzy71


(出典 news.nicovideo.jp)

にわか乙〜26人目のにわか〜

にわか乙〜26人目のにわか〜

未来に希望が持てないからだよ。 行きついた先の全てのポストに老人がいる。新しいこと思いついても先駆者がいる。やる気も才能もあるのに発揮する場所がない。もしくは、発揮してもタダ同然(もしくはタダ)で買いたたかれる、盗まれる… グチでもこぼせば「自己責任」と悪者扱いでフルボッコにされる こんな世界に生きてて楽しいと思えるかい?

バイト巫女

バイト巫女

死は、自らの幸福をゼロにすることだと思います。ここで考えるべきは幸福の値はゼロが最低値じゃなく、マイナスもあり得ること。でなければ「死で救われる人」が実際に存在している事実が嘘になるじゃないですか。

ゲス卜

ゲス卜

↑ニート「せやな」

七魅堂隠居

七魅堂隠居

死んだら損なだけ。

ムラサキ

ムラサキ

安楽死出来るようになれば逆に自殺減るんじゃね?と思うどうせいつでも楽に死ねるんだからもうちょっと生きようかってなりそうだが

シャーハー

シャーハー

存在することそのものへの倦みに端を発する自殺願望に対しては、いかなる道徳的説得も無意味だろう。逃避の手段としての自殺にはまだ翻意が可能だが、目的としての自殺はそれを留める論理を持たない

ツナひじきごはん

ツナひじきごはん

過去最高に死にたくなったの時の感情は怒りだった。まじで死んじゃった人が実際どんな感情だったか、本当の所は謎。記事にある虚無感とか繋がりが希薄とかよく聞くけど、本当にそれが原因なのか俺にはわからん。死んだこと無いので。

ぐーすか

ぐーすか

海外企業が言語学習付きで引っ張ってくれないかな…

mizu

mizu

タイトルにあるようなデータが一つも提示されてないんだが印象操作か?

しゅう

しゅう

女性の自殺率は低い所を見ると、やはり社会が男性に負担になる構造なのはデータから見ても確実

名無しさん

名無しさん

日本は子供のころの方が楽しくて大人の方が大変な社会だからね。生きててもしょうがないと思う率が高いんじゃない?

かいばか

かいばか

若者は今の中高年の処遇みると死にたくなるだろ、将来こうなるかと思うと。

特別トータルセット

特別トータルセット

今の甘ちゃん日本人は教育を受けすぎたんだよ。もう一回焼野原からやり直せば自殺率は減るで

page111

page111

老若男女言えることだけど、自分が無いからだと思う。

名無しさん

名無しさん

自殺する人は死にたくて死ぬ訳じゃなくて、死ぬことでしか救われないから「死への恐れ」があってもそれを選ぶんじゃないですかね。勿論病気もあるだろうけどね

Dorothea

Dorothea

自殺大国日本とはよく言ったもので。

乃空

乃空

中高年が若者が希望を持ちにくい社会にした上に、雑誌やらなにやらがやたら勝ち組だ負け組だと煽るから

mic

mic

やってもねえことを延々聞かされそれが教育で当然の権利と振り回すのに囲まれてみたらわかるよ。

しまくま

しまくま

生きててもいいことないうえに、悪いことしか起きないんだから希死は必然

ω

ω

出る杭は叩き潰されて奴隷となることを強要される。感性が徐々になくなって無気力になり・・・って感じかな?少子化で若者も少ないのになぜか老人しか優遇しないんだよねーw

じゃがばたー

じゃがばたー

そもそも若いのほど自殺しやすいのは当たり前でしょ。心理的にアンバランスなのとかそういう理由もあるだろうけど、死ななかったから歳喰うわけだし

ガンタ

ガンタ

高々、人生100年頑張るか、自殺して地獄で1000年以上苦しみ、もがき続けるかの違いでしょ!

ぽんず

ぽんず

2015年だと自殺者2万4千人のうち健康問題での自殺が1万2千人、不明が6千人、経済問題は4千人。

たかのは

たかのは

この先生の言うことは至極ごもっともなんだが、病んでる人間にああすべき、こうすべきいうのは逆効果なんだよ。むしろそういう「MUST」に疲れ果てて病むのだから

○猫

○猫

起こっても対策しないからではないの。

Xephyr

Xephyr

自分の命をどう使おうと俺の勝手だろ、っていうのもあるんじゃない?

sekitou

sekitou

数字出してない時点で察せる記事だけど、日本で自殺率もっとも高いのは4〜50代なんですけどね。

gyokuro

gyokuro

毎日15時間以上会社に缶詰状態で働き続ければ頭が壊れて自殺するよ。過労死する前に自殺しちゃうんだ