さっくんのワンダフルNewS!

2chやリアルタイム検索などで上位にくる旬なニュースを速報していきます。 ニュース全般扱っていくので是非ご覧下さい!


    小倉 優香(おぐら ゆうか、1998年9月5日 - )は、日本の女優、モデル、グラビアアイドルである。 2013年、ファッション雑誌『Seventeen』の専属モデルを選出するオーディション「ミスセブンティーン」でファイナリストに選出され、数社のスカウトから水原希子がエイジアクロスの所属であること
    17キロバイト (1,877 語) - 2018年10月11日 (木) 16:23



    (出典 auctions.c.yimg.jp)


    普通そんな現金持ち歩かんだろwww

    1 shake it off ★ :2018/10/13(土) 17:49:17.83 ID:CAP_USER9.net

    グラビアアイドルで女優の小倉優香(20)が13日、都内で初カレンダー『小倉優香カレンダーブック2019 SEXY EVERYDAY!』(光文社)発売記念お渡し会&記者会見を開催。9月に20歳を迎え、お酒解禁となった小倉だが、記者からの質問に一同驚がくのエピソードを明かした。

     20歳になった感想を聞かれた小倉は「お酒を飲めるようになったので恥ずかしい失敗をしないようにしたいです」と誓うも、「きのう、電車で財布をスラれました…。お酒は飲んでいたんですけど、注意力が欠けてて…」と告白。
    「いつもは1000円とか2000円しか入ってないんですけど、たまたま中国語学校の費用を払うために持っていた20万円をスラれて…」と無念の表情を浮かべた。

     また、肉好きでもある小倉は「いきなりステーキが好きで週2で行ってて、いつも400グラムぐらい食べてるんですけど(財布に入っていた)ポイントカードもランクアップしたばっかりなのにスラれてしまって…。」と残念そうに語った。

     同作は、バスト87・ウエスト59・ヒップ89センチの“リアル峰不二子ボディ”でグラビア界を席巻する小倉が、16歳の時に一人ではじめて海外旅行で訪れた台湾を舞台に、水着姿はもちろん初のチャイナドレスや浴衣姿、普段のグラビアでは見せないリアルな表情を披露している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181013-00000330-oric-ent


    【【悲報】 小倉優香、スリに20万円盗られるwwwwwwwwwww】の続きを読む


    杉山 茂樹(すぎやま しげき、1959年7月8日 - )は静岡県御殿場市出身、東京都渋谷区在住のスポーツライター。 大学卒業後フリーライターとして執筆活動を始める。主にサッカーについての著書があるほか、水泳やスキージャンプも取材する。血液型はAB型。 スポーツライターになったきっかけは、大学
    12キロバイト (1,611 語) - 2018年7月27日 (金) 12:23


    2試合で2軍の試合で何言ってんだこいつ…

    1 Egg ★ :2018/10/13(土) 16:48:21.69 ID:CAP_USER9.net

    日本代表のパナマ戦と、その4日後に行なわれるウルグアイ戦のテーマは「融合」だ。森保ジャパン初戦(コスタリカ戦)のメンバーに、ロシアW杯に出場した欧州組を混ぜ合わせ、馴染ませようとする意図がある。

     だが、ロシアW杯に出場した欧州組の中で、パナマ戦でスタメンを飾った選手は大迫勇也(ブレーメン)と原口元気(ハノーファー)の2人に限られた。主力部隊はウルグアイ戦に温存したのだろう。パナマ戦は、融合と言うより若手にチャンスを与えた試合という印象だ。

     出場した選手が、自らの立場を誰よりもわきまえているようだった。南野拓実(ザルツブルク)、伊東純也(柏レイソル)、室屋成(FC東京)らはよく攻め、よく守った。大真面目に頑張っていた。原口元気も、南野、伊東、堂安律(フローニンゲン)、中島翔哉(ポルティモネンセ)ら若手アタッカー陣の台頭に刺激を受けているようだった。

     選手の「格」で上回るのは原口だ。しかし彼は今季、所属クラブで出場機会を十分に得られていない。森保監督からの評価が、堂安、中島より劣っていそうなことも、パナマ戦に先発起用されたことで察知したに違いない。お尻に火が点いた状態に置かれていることは、その勤勉なプレーをとおして浮き彫りになるのだった。

     3-0というこの日のスコアは、スタメン定着を狙うアタッカー陣の競争意識によるものだろう。前半42分、青山敏弘(サンフレッチェ広島)のパスを受けた南野が反転しながら放った先制ゴールも、後半40分、原口のドリブルから生まれた3点目のゴールも、競争意識が奏功した結果と言うべきだろう。

     日本の3ゴールはすなわち、論理的に奪ったゴールというより、ノリ、勢いで奪った得点に見えた。それはそれでとてもよかった。しかし、強いチームに見えなかったことも事実だ。

     パナマのガリー・ステンペル監督が、試合後の会見で語った「内容的には3-0で敗れた試合には見えない」との見解に賛同したくなる。

     森保監督のサッカーとは何なのか。相変わらずそれが見えない。「臨機応変」「柔軟な対応」そして「全員攻撃、全員守備」。森保監督がこれまでの会見で述べたサッカー的な話はこの3つに集約される。

     最初の2つは、広島時代に愛用した「3-4-2-1をなぜ代表チームにも適用しないのか」と問われた際の返答だ。答えになっているようで、なっていない。AとBを両方使い続ける理由は何なのかという問いに、そう答えたのならわかる。だが、片方しか使っていない場合は、もう一方を使わない理由を答えることがコミュニケーションの常道だ。4-2-3-1的な4-4-2をなぜ採用するのかという問いに答えていることにはならない。

     パナマ戦の試合後、「我々がやろうとしていること」という言い方をした森保監督だが、それはいったい何なのか。ピッチ上にこれまでとの違いが明確に描かれているならともかく、実際には選手のプレーを俯瞰しても、指示の中身は見えてこない。たいした作戦はなく、選手任せに戦っているように見える。規律というものが見えてこない。

    つづく

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181013-00010005-sportiva-socc&p=1


    【【サッカー】杉山茂樹が森保のサッカーに訳分からん苦言(; ・`д・´)】の続きを読む

    このページのトップヘ